ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「彩音、帰るよ…って、寝てるし」

    学校で寝るとか、ありえないんだけど…
    他のやつに見られたらどうするの?

    「はぁ…早く俺のもんになってよ」

    何年好きでいると思って…

    「ん…しょう、くん…」

    っ、今、俺の名前…呼んだ?

    まさか、ね

    「しょうくん…すきぃ…」

    「っ…」

    寝言…だよな?「好き」って…幼馴染として…だよな?

    でも、じゃなかったら俺…期待するよ?

    ここが学校じゃなかったからいいものの、もし家とかだったら…

    あー…くそ…

    寝言で俺の名前呼ぶとか、可愛すぎだろ…

    どんだけ骨抜きにさせる気?

    「ん…」

    寝顔も可愛すぎる

    こんなに可愛い生き物がいて大丈夫なのか?

    いてくれないと困るけど

    「しょう…くん…」

    俺の夢見てるんだよな、きっと

    寝てるし、言っても…いいよな?

    起きないだろ、多分…

    「好きだよ、彩音」

    だから、期待…させてね?

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 屋上

    「ほら、食べさせろ。美波」
    「うっ、無理だよ~」

    ―――昼休み

    私は卵焼きを箸で摘まんだまま固まっていた。それもこれも、瑠衣が『あーんってしてくれねーの?』なんて言ってきたからである。

    でも、そんな恥ずかしいこと出来るわけ無く。一向に動かない私に早く食べさせろと文句を言ってくる始末。
    この我儘王、どうしてくれよう...。

    「しょーがねぇなぁ」

    中々実行しない私を見て諦めたのか、大きな声でそう言うと、卵焼きを手で掴んで口の中に放り込む。

    そして私の方を向くと

    「え?瑠衣どうし―――むぐっ!?」

    柔らかい感触と共に、口の中で卵焼きの風味がした。

    口移しされた、と分かった瞬間一気に赤くなる顔。それを見て瑠衣が意地悪く笑う。

    「やっぱいいや。俺がお前に食べさせてやる」

    そして再びお弁当の具材を自分の口の中に入れる瑠衣。

    そして結局全部口移しでお弁当を食べさせられたのだった。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 廊下
    • 壁ドン

    私は尾崎先生が好き。

    でもそれは叶わない。

    だから半分ぐらいもう諦めよう、という気持ちだった。

    でも正確にはまだ、諦めていない。

    最後の計画が失敗したら完全に諦めるつもり。

    それは、、、、、、、、、、、、

    やっとターゲットが来た。

    「ドン」という音を立てて私は倒れていく。そこを先生が抱きしめて助けてくれた。

    よし!ここまでは計画通り。

    あとはこれだけが成功したら完璧!

    私を抱きしめる先生を私は抱きしめた。

    「大丈夫か?って、、、、、、、」

    先生は言いかけた言葉を飲み込んだ。顔を真っ赤にしたまま言う。

    「俺の彼女になって!」

    ここは廊下。  そしてみんながこっちを見ている。

    だけど気にせず私は先生にキスを落とした。大人のキス。恥ずかしいけど計画のため。

    「んんっハア  しぇんしぇいらいすき」

    数か月後


    私たちは結婚した。

    end

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

「双子社長のギャップ萌え。(大幅に加筆修正済み)」を本棚に追加するには…

野いちご会員の方

ログインすると、読者メニューの本棚に追加されます。

本棚&しおり機能とは…

今読んでいる小説のページにしおりを挟んだ状態で、野いちご内にあるマイ本棚にしまっておくことができ、いつでもその続きから読めるようになります。
しかも、一度本棚に小説を入れておくと、読み進めるたびに自動で「しおり」を更新していくので、とても便利!
本棚&しおり機能は、野いちご会員限定のサービスです。