ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • お昼休み
    • 教室

    「せ、先輩!これ!どういうことですか!」
    せっかくお昼寝してるのに机を叩かれて目を開ける。
    「んぁ、なぁに〜?」
    「か、可愛い…」
    「ふぇ?」
    見上げると後輩の春くんが。
    「ふわぁ?」
    「ね、眠そうですね…可愛いです、じゃなくて…こ!れ!」
    手元を覗くとモデルの私の表紙の雑誌が…
    「ひゃあ!そそそそそれはダメ!見ちゃダメ!!」
    は、恥ずかしい!!今回は水着と下着の雑誌なのに!
    「こんなのまたファンが増えちゃうじゃないですか!どうするんですか!!俺の前だけでこんなカッコしてくださいよ!」
    「「/////」」
    そ、そんなこと言っちゃったら…
    うぅ〜、外野から視線感じる〜!
    「先輩?」
    「う〜」
    威嚇すると小声で
    「可愛いですけど、その顔も家だけで見せたください?」
    「ば、ばか!」
    「今夜家で脱がせてあげますね?その後も期待してますよ?」
    私は真っ赤な顔で午後の授業を受けることになったのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    只今11時50分。
    あと10分で誕生日。

    「ニュースで綺麗な星が見れるって言ってたのに曇ってるなぁ。良い日になると思ったのに残念」

    そう呟きながらスマホをいじっているとメッセージの通知がきた。

    『10分以内に屋上集合』

    メッセージを送ってきたのは、同じマンションに住む幼なじみの亮太。
    突然のメッセージに焦りながらエレベーターまで走る。
    エレベーターをおり、屋上の扉を開く。
    と、同時に12時を知らせるゴーンという鐘が鳴った。

    「誕生日おめでとーう!」

    そう言って亮太はクラッカーを鳴らした。

    「綺麗な星と俺からのおめでとうです」

    空を見ると曇っていたはずの空は晴れて綺麗な星が広がっていた。

    「はい、プレゼント!」

    亮太は両手を広げた。

    「尾野亮太という彼氏どう?」

    私は返事の代わりに亮太に抱きついた。

    今までで1番のプレゼントだよ。
    なんて、亮太には言わないどこう。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 体育館
    • 後ろからギュッ

    私は体育委員長。それで、相談しに先代の体育委員長に聞きにきたんだけど、教室にはいなくて探しに来たら体育館にいた。
    飛鳥先輩はバスケ部のエース。私は水泳部だけど相談するうちに仲良くなって、気づいたら好きになっていた。
    それにバスケしてる先輩って、生き生きしててかっこいいなぁ…
    私「あの、飛鳥先輩!」
    飛鳥「どうしたの?」
    私「今度の球技大会のことで聞きたいことがあるんですけど…」
    飛鳥「じゃあボールしまってくるね」
    私「いいですよ、すぐ終わるので」
    飛鳥「だーめ、ちゃんと聞くから」

    用事は終わった。先輩とさよならしなきゃ。
    そのとき。
    ギュッ
    え?
    抱きしめられた。
    後ろから。
    私「あ、すか先輩?」
    飛鳥「行かないで、もう1本、シュート決めるから見てて。このシュート決めたら告白する。」
    私「誰にですか?」
    飛鳥「わかんないの?君にだよ」
    そして、その後めでたく付き合うことになりました!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ほんと、懲りないね (柊乃/著)

  • しゅ、、、!

    まさかのトップバッターの作品、、、
    書いてくれてありがとう、すき。


    ほんと、素敵な作品に仕上げてもらえて嬉しい、(;_;)

    他の作品も、素敵だった、、、

    本当にありがとう、︎☺︎

    星野 きい   2018/03/10 13:33

    星野 きいさんへ

    いただいた初恋透明瓶ってタイトルが素敵すぎて……ほんとにいろんなお話が浮かんだ!! タイトルに見合った作品にはなってないけど、
    タイトル恵んでくれて、そして作品も読んでくれてありがとう……!

    星野の岸くん大好き
    待ってます……!

    感想ありがとうございました!!

    作者からの返信 2018/03/19 10:26

  • この短編集欲しいっ!!(*♥д♥*)
    素敵!素敵!全部素敵です!!短編て本当に難しいのに、作者様の実力がビシビシ伝わってきます!!
    やっぱりしゅーのんの作品は好みどストライクです♡

    これからも応援してます(˘❥˘)ぶちゅ

    ひなたさくら   2018/03/08 16:03

    ひなたさくらさんへ

    ひーなちゃん!!! 読んでくれてありがとう〜〜(T_T)
    いやもうとんでもないです、、ステキなタイトルばかりでストーリー追いてない!!!でもそう言ってもらえて幸せすぎる ありがとね……いつかひーなちゃんもタイトル恵んでくれてもいいんだよ?(図々しい)

    本当にありがとうございました…!

    作者からの返信 2018/03/09 23:12

  • こんばんは。
    どのお話も素敵でした*


    無糖くんや成瀬くんのギャップにキュンときて、無糖どころか糖度200くらいあるって思ったほど甘々で

    今日から佐藤くんに改名しましょと思って

    なかなか落ちないつり目の彼女に本気になるところがもう、すきで

    めげずにアタック?し続けて彼女のツンデレがみたい


    出てくる全部の男子の台詞とか仕草が好きでドキドキしっぱなしでした
    女子もかわいいいい

    もうほんとによかったです
    これからも作品追いかけます!

    林 樹莉   2018/03/04 22:58

    林 樹莉さんへ

    たくさん読んでくれてありがとう(T_T)

    武藤くんは∞yumi*さんのタイトルセンス高すぎてやられました……甘々甘々甘々です サトウ200%で続編書きたい(笑)

    つり目の彼女と結ばれたらデレデレ×ツンデレ(ツン激増し)の漫才カップルが生まれるかな……と密かに妄想してました

    感想いただけてほんとに嬉しい!!!いつも作品読んでくれてありがとう……めちゃくちゃ励みです、らぶ…

    作者からの返信 2018/03/05 21:05

  • 武藤くんと成瀬くんがすごくしゅき♡

    日向 なぎ   2018/03/04 22:56

    日向 なぎさんへ

    読んでいただきありがとうございます…!
    武藤くんも成瀬くんも甘々になりました(笑)
    そして、素敵なタイトル 本当にありがとう!!

    作者からの返信 2018/03/05 20:50

  • しゅのたんまん、

    無糖くん………!ありがとう!!!
    すっっっっごく好みの話でした( ˶´⚰︎`˵ )
    なんちゅー甘党!!と、自分の設定にも関わらず驚きながら(嘘だろ)
    読み進めるたびにドキドキして、キュンキュンして、杏美ちゃんの可愛さにクラクラしたよ〜♡♡

    しゅのたんまん、あんま素敵なお話書くと、ゆみに食べられても知らないよ?◟̑◞̑

    ∞yumi*   2017/09/29 21:20

    ∞yumi*さん

    ゆみちゃん、まずは素敵すぎるタイトル、『無糖くんは糖度100%』ありがとうございました……!!

    タイトルだけで何パターンもお話のルートが浮かんで浮かんで浮かびまくって、考えるのがとても楽しかったです!

    結果このような無糖くんに落ち着きましたが、よかったかな……好みって言ってもらえて嬉しい!!

    それとゆみちゃんになら食べられてもいい……(小声)

    素敵なタイトルと感想、本当にありがとうございました……!!!

    作者からの返信 2017/10/08 23:26