ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    1人教室に残り、生徒会の仕事の整理をする。訂正などが多くて、すっかり外は暗くなっていた。
    「急いで帰んなきゃ!」
    慌てて帰りの支度をする。

    「あれ?もう誰もいないと思ったのに」
    カバンに肩から下げ戸締りの確認をしていると、教室の入口から耳に届いた声。
    「どうしたの?」
    「生徒会のことで、」
    「ふぅーん、もう暗いし駅まで一緒に行かない?」
    !え…。思いがけない言葉に言葉を失う。
    「ほら、行こう!」
    黙っている私の手を優しく掴む。
    「!」
    私はこれにどう対応すればいいのか分からなく、彼に合わせた。
    でも、すごく大きくて、暖かくてとっても安心する。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後

    今日はテスト勉強のために図書室へ

    私一人で行くつもりが何故か聖南(せな)もついてきた

    「今日、誰もいないね」

    「学校自体早く終わったからな、みんな帰ったんじゃね?」

    「かもね」

    高校に上がってからあまり会話をしなくなった私たちに妙な空気が流れた

    「…ねえ、見てないでさ聖南も勉強しなよ」

    「えー」

    「えーって…どうしたの?」

    「…お前、可愛いんだもん」

    「なっ、き、急に何よ!///」

    「照れた顔も可愛い」

    「そんなことはいいから…!」

    「良くない!俺は、お前のこと"俺の女"にするつもりだから」

    「…んっ///」

    聖南は私に返答権も与えないままキスをした

    この時、止まっていた何かが動き出した気がした

    開く閉じる

    • 同級生
    • 校舎裏

    あたし、田口美緒
    憂鬱な教室に逃げるために来たんだけど....。
    そこには、イケメンさんが寝ていらしてました。
    まぁ、今のあたしを見ても大丈夫だろうと思うけど。
    人の休むところに寝るのはやめてほしいんだけどねぇ。
    と、思いながらイケメンさんに近づいた。
    その時、あたしの手首を捕まられてしまった..。
    「なぁ、何してるんだよ。てめぇ。」
    ビクッー!!
    ひゃー、結構な悪者だみたい?
    「おい、聞いてるんか?」
    んー!?
    この声は..。
    もしかして..
    「進藤君?」
    「なんで、知ってるんだよ。」
    「だって、委員会の時によく聞く声だなぁーって。」
    はっ!!ヤバい!
    もしかして、バレるかもしれない..。
    「もしかして、あんた田口さん?」
    ぎゃーー!!
    大ピンチ。そう、焦っていたら
    「ふーん。田口さんかぁ。
     俺と、付き合ってもらうか。」
    んー、なんですとー!!
    いったい、あたしの人生はどうなるのーー?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

夏の終わり、青に濁る恋 (春瀬るき/著)

  • 感想ノートお邪魔します!
    本当はレビューを書こうと思ったのですが上手く書けず文字足らずで…感想ノートにしました!
    まず初めに久しぶりのるきさんの完結作品だ〜〜!と思い飛んできたのですがタイトルが綺麗すぎて「これは読まなくては!」と一気読みしてしまいました!

    とにかく描写が綺麗でいつも憧れます。2人の間にある歪な関係が、このプールサイドのシーンだけでひしひし伝わってきました。
    特に印象深かったのはやっぱり終わり方で、数年後また出会って〜みたいなありきたりなものじゃなく、濁ったまま終わっているところがいい意味で後味悪くてすきです。本当にすきです(泣いてる

    あとがきも読ませていただいたのですが、私もるきさんと同じ年齢なのですごく気持ちがわかりました。20歳になっても何ら変わることなんてない、けれど確実に大人に近づいている実感、こわいですよね。今、私生活で色々あってすごくジーンときました。年齢だけ大人になって、まだまだ私は子供で。難しいものです。

    そして、あとがきの後の最後の一項に泣かされました。もうほんとに最初から最後まで「やられた!」という感じです。最近で一番すきなお話でした。

    野々原 苺   2018/08/02 14:13

    苺ちゃん感想ありがとうございます!
    タイトルは今までの作品のなかでいちばんお気に入りなので、褒めてもらえてとっても嬉しいです…!

    いい意味で後味が悪いというのは今回書き直すにあたって私が目指していた終わり方そのものなのですが、こういうのはあまり受け入れられないかな〜と思っていたので 後味が悪いと言ってもらえた上ですきという言葉もいただけたことにすごくほっとしました。(書き直す前はもっと後味の悪い終わり方でした… 書き直してよかった……)
    描写についてもめちゃくちゃ褒めていただけて…… 苺ちゃんの書く文章がだいすきな私は大号泣しております(;_;)

    20歳ってもっと賢く上手く生きていける年齢なんだと思っていたんですが、実際なってみれば全然ですよね。むしろ中途半端に大人になりかけてしまって余計に生きづらいというか。
    おとなという言葉に見合っていない自分が情けなく恥ずかしいと思いながらも、本当はどこか安心している自分がいて あー難しいなわけわかんないなって 私も毎日思っています。

    最後の一頁ももとのどす暗い結末を緩和するために加筆しました(笑)このふたりが大人になって実際に再会するかどうかはわかりませんが、一歩先に大人に近づいた〝僕〟が大人になってまた会いたいと願っていることが〝私〟にとっての救いだと思って書きました。本編の最後では〝私〟も幼く歪な自分に気がつくかな?どうかな?くらいで終わらせているつもりです。

    タイトルからあとがきにまで、この作品の隅々に触れてくださって本当にありがとうございました。いただいたお言葉すべて宝物にさせていただきます!!

    作者からの返信 2018/08/08 22:59