ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年01月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 帰宅中

    ○ 幼なじみと帰宅中 ○


    『おい帰るぞ』


    いつも聞く声、いつも隣にいる幼なじみ


    「うんーわかった帰る帰る」


    これが私の日常となっている


    道路側は何にもいわずに決まって道路側を歩いてくれる


    「今日ねー!転校生の帰国子女が来たんだけど挨拶がわりに ってハグしてもらったんだ〜かっこよかったなぁ」


    『へぇ。良かったじゃん』


    あんまり興味がなさそうな幼なじみ



    「何よ。冷たいなぁ……!?怒」
    (そんな私に興味ないのか…)



    『・・・・俺だってな男なんだぞ?
    お前のことを幼なじみとして1ミリも思ったことない俺が お前のことを1人の女として毎日過ごしてる俺が
    そんな話を聞きたいと思うのか?』



    耳を真っ赤にして下を向く幼なじみ


    「えっ…」


    『二度と言われねぇ。帰るぞ。黙って隣歩いてて。』



    不器用な幼なじみは私をいつも想ってくれる優しい人です

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 校門
    • 後ろからギュッ

    「あなた、金城君とどんな関係なの?」

    私、友原亜美は現在幼馴染の金城葵くんとの待ち合わせのため、彼の学校に来ています。

    「どんなと言われましても…幼馴染です。」

    おそらく葵くんのファンであろう人達から質問を受け、心臓バクバクの状態

    彼は昔からモテているので、こうやって質問されるのも今に始まったことではないのですが、いつまでたっても慣れることはありません。

    (葵君にメッセージを送って、違うところで待ってよう…)

    そう思って移動しようとしたその時、

    ふと背中に温もりを感じた。

    「亜美は俺の大事な女の子なんだ!仲良くしてくれると嬉しいな!」

    とびっきりの笑みを浮かべた葵君がいた。










    いつも私を助けてくれて、

    いつも一緒にいてくれて、

    「葵君…大好きだよ。」

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    立ち入り禁止の屋上。
    放課後、誰もいないのを見計らってつい入ってしまった。
    こうゆうのやってみたかったんだよねぇ。

    私は風に吹かれながら柵に寄りかかって景色を眺める。

    「こら!」

    ビクッとしておそるおそる後ろを見ると、そこにいたのは年上の幼馴染の優ちゃんだ。

    「優ちゃんか!びっくりさせないでよ」
    「優ちゃんじゃない、先生だろ」
    「…知らない」

    小さい頃から大人っぽくてカッコよくて私の憧れの人、優ちゃん。
    でも、高校の教師になった優ちゃんは私と恋愛するなんてありえない。
    ただでさえ年が離れすぎて振り向いてもくれないのに。

    「なんかあったのか?」
    「何もありません」
    「…ふてくされんなよ〜」

    優ちゃんが私の頭にポンっと手をのせる。

    「機嫌直せよ、夏帆」

    いつもは、苗字で呼ぶくせに。
    こうゆう時だけずるいよ。

    「優ちゃんのばーーか!」

    それだけ言い残して私は帰った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

「君が見せてくれた、私の世界」を本棚に追加するには…

野いちご会員の方

ログインすると、読者メニューの本棚に追加されます。

本棚&しおり機能とは…

今読んでいる小説のページにしおりを挟んだ状態で、野いちご内にあるマイ本棚にしまっておくことができ、いつでもその続きから読めるようになります。
しかも、一度本棚に小説を入れておくと、読み進めるたびに自動で「しおり」を更新していくので、とても便利!
本棚&しおり機能は、野いちご会員限定のサービスです。