ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    「はい、それじゃあ、角Aは何度なの?」

    放課後の教室。先輩は若干呆れ気味に聞いた。

    「え、えと…………125度?」

    「はい、はずれ」

    「うぅ……っ」

    先輩に何度教えてもらっても、私はここが出来ない。

    「うーん……じゃあ、もし次が出来たらご褒美あげるよ」

    その言葉に俄然やる気になった私は、次の問題を見る。案外易しかった。

    「あ、これは60度ですよね?」

    先輩はようやく、柔らかい笑みを浮かべた。

    「当たり。じゃあ、ご褒美あげるから、目、つむって」

    言われた通りにすると、私の唇に何か当たった。思わず目を開けると、先輩は意地悪に笑った。

    「あーあ、目を開けちゃダメでしょ」

    ふっと笑いながら、先輩は囁く。

    「出来の悪い子には、お仕置き、だね」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • おでかけ
    • 恋人繋ぎ

    今日私こと里瑠(りる)は気になってる優矢とおでかけ。

    優「そろそろ待ち時間前だからお店行こっか」
    私達は優矢の車の中にいたので出てお店へ向かった
    優「うぅー!やっぱ外は寒いねぇー!」
    確かに寒い… すると優矢と手が触れそうになった
    優「あー!手は繋がないよ! え?もしかして繋ぎたかった?
    ニコ」
    里「繋ぐわけ無いでしょ!そんな事しないから安心してよ!」
    あー!ちょっとだけドキってしちゃった私がバカみたい!
    恥ずかしすぎる///
    私はいたたまれなくなって優矢から離れて歩こうとした
    すると…優矢が手を差し出してきて
    優「嘘だよ ほら、手…繋ごう?」
    私は言われたのが怖くて手を差し出せなかった
    優「ごめんって! ほら繋がないの?繋ごうよ」
    里「だってさっきやだって…」
    優「嫌じゃないよ ほらおいで」
    里「…///バカ…」
    優「はい、いい子ニコ」

    やっぱりこいつには勝てない…///

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「女友達といるの、疲れるんだよね。
    だから、君といるのは気楽でいいんだ」

    彼女は前に、そう言った。
    僕といるのが楽しいから居るとは言ってくれない。
    でも今、彼女が女子と話している所を見て分かった。
    僕といる時に見せるような自然な笑顔なんてどこにも無く、時折彼女が見せるツラそうな笑顔が、僕は見ていられなかった。

    僕はまだ高校生になったばかり、彼女は2年生。一緒にいたのだって、まだ半年で。あなたのこと、分かってない同然のはずなのに…どうしてもあなたを助けたい。僕は彼女に近付き、華奢な手首を優しく掴んだ。彼女も一緒にいた女子も、驚いていた。
    「好き…」
    「え?」
    つい口走ってしまった。僕の口からは言葉が止まらなかった。
    「先輩のこと、好きだから…無理して笑う所見たくないんだ。僕が今以上に、笑顔にしたい。だから…ね、先輩。僕の彼女になって下さい」

    彼女は優しく微笑んで、頷いた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ミントブルーの純情 (野々原 苺/著)

ずっと、そのひとことが言えなかった

  • 焦れったかったです。あおが「すき」と、なかなか言わないところが。
    みつとあおが偶然ミントブルーか!
    「きれい」です。設定も素敵だ!☆
    年甲斐になく「きゅん」としました。偶然……
    シュウ小説に「カインとアベル」を彷彿させる「義兄モノ」を執筆終え読んだ1作目が、この作品です。
    私ん家の拙作は忠実に※※※エンドですが(≧∇≦)

    宝希☆/無空★   2018/02/01 19:49

    感想ありがとうございます!返信遅くなってしまってすみません( i _ i )

    簡単に「すき」と言えない葛藤を描けたらいいなあと思っていたので、そう言ってもらえてすごく嬉しいです!ミントブルーの設定もきれいと言ってもらえて本当に嬉しいです!ハッピーともバットとも言えないエンドですが、気に入ってくださってよかったです!
    感想ありがとうございました!

    作者からの返信 2018/04/20 11:16

  • 苺ちゃんお久しぶりです!
    実はずっと気になっていたんだけど、姉弟ものをあまり読んだことがなくて、でも読みはじめたら止まらなかったよ。
    胸がヒリヒリするくらい切なくて、でもじれじれに胸キュンで、とても素敵でした!
    お願いだからハッピーエンドにして…!苺ちゃん…!と思いながら読んだよ(笑)
    ふたりにとびきり幸せな未来が待っていますように。
    素敵なお話でしたありがとう!!

    氷室愛結   2018/01/29 11:58

    愛結ちゃん

    えええ愛結ちゃん!(;_;) まさか読んでくれると思わなくてすっごいビックリしたよ…!感想までありがとう〜〜(;_;)♡

    自分でも姉弟モノって書くのはすごくメンタルがやられるなあとしみじみ感じた作品でした…(笑) 切ないと焦らしをバランスよく取り入れたいなあと思って書いてたからそう言ってもらえてすごく嬉しいです!ふたりの幸せを願ってくれてありがとう〜〜!!私もこのふたりには幸せになってほしい(笑)

    素敵な感想を本当にありがとう!!だいすきです(;_;)♡

    作者からの返信 2018/01/30 10:52

  • 執筆中から設定だけで『こ、こいつぁやべぇ……』とハマる気しかしなかったのですが。さすが、苺さん。野々原 苺ワールド全開で2ページ目ですでにやられました。読み終わった今もまだ抜け出しきれていない。。
    毎ページといっていいほどに、ドキドキ、そわそわ、ギュンギュンの嵐。『ミントブルー』について話していたシーンとても感動的でした。
    みつくんの台詞や仕掛けてくることが……。あおちゃんよりずるくない?
    好きなところ多すぎて語りきれない。名作すぎやしませんか……!野いちご文庫になって欲しい。(切実)コンセプトにあってると思うのでボリューミーにして……ならないかなぁ(激しく希望)。
    うるさくしてすみません。好みすぎる物語が読めて幸せです。めちゃくちゃオススメなので、みんな読んで欲しいです。

    犬甘   2018/01/16 18:01

    犬甘さんへ

    レビューだけじゃなく感想まで……!本当にありがとうございます大好きです〜(;_;)♡

    姉弟設定って自分でも結構好きな設定なんですが、いざ自分が書くとなるとかなり精神を削られました…(笑)みつの台詞はわたしも結構気に入っているものが多いのでそう言ってもらえてすっごく嬉しいです( ´ ▽ ` )!

    わー野いちご文庫…!遠い話ですがそう言ってもらえただけでとっても幸せです……。こうやって好きだって言ってもらえると、書いてよかったなあと本当に思えます。素敵な感想を本当にありがとうございました!だいすきです!!

    作者からの返信 2018/01/25 09:47

  • こんにちは、ふぃだぁです!!
    オススメ短編特集、おめでとうございます(*≧∀≦)
    尊敬です!

    姉弟の恋……。
    色々困難があるふたりの恋。
    こっちまで胸が締め付けられましたぁ……。
    本当に、幸せになってほしいです。

    みつくんカッコいい。
    みつくんが弟っていう設定ナイスゥです!
    みつくんみたいな兄弟欲しぃ。欲しい。欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい……(ry)

    この先、気になるです!
    書いてもらえるなら、ふぃだぁはとっても嬉しいです♡
    他の方も、そう思っているはず(*^^*)

    様々なキュンをありがとうございましたー!
    本当にいつも苺さんの作品と返信に励まされてる気がする。。。。。

    これからも苺さんについて参ります(*ゝω・*)ゞ
    では~(* ´ ▽ ` *)ノ

    ふぃだぁ   2018/01/15 16:37

    ふぃだぁさま

    この作品にも感想ありがとうございます!特集に選んで頂くの初めてだったので私もうれしいです(*゚▽゚*)

    姉弟モノって結構あると思うのですが、こういう題材って簡単には扱ってはいけないなあと常日頃思っていまして。いろいろ難しいことはあると思いますが、私もこのふたりには幸せになってほしいなあと強く思っています。

    みつは私の中でも結構お気に入りのキャラなのでそう言ってもらえてすっごくうれしいです!私も弟いないのでほしいです(笑)

    続きは書くかわからないですが、いつか機会があれば、と思っています!その時はよろしくお願いします(*゚▽゚*)

    いつも素敵な感想をありがとうございます!いつも本当に励みになってます(;_;)♡

    作者からの返信 2018/01/18 08:26

  • いっちゃん完結おめでとう\(^^)/♥感想ノートお邪魔させていただきます…!

    みつくんがかっこいい。時々漏れる本音が痛いくらいにあおだけを想っていて、それでもあおは姉弟っていう形を手前に、自分の想いをなかなか出せなかった。
    あおとみつ、ふたりの姉弟。血は繋がっていないけど、これだけは絶対に言えない。
    ふたりの隠された恋心、叶えるのが難しい結末、わたしはどうしてもこのふたりに幸せになって欲しい…!!

    ふたりの未来に、どんなに難しいことがあっても、みつとあおなら超えていってその先の幸せを掴み取れるって信じてます。

    みつくん好きです( きみは最高な弟だ )

    いっちゃん最高に切きゅんさせてくれてありがとう…!次回も楽しみにしてます( ¨̮ )♥

    吉永 優   2017/11/05 07:38

    優ちゃん

    感想ありがとう〜〜( ; ; )♡ やっと完結できました…!!

    みつのことはわたしも気に入ってるから、カッコいいって言ってもらえるとすごくうれしい!血は繋がっていないけれど、姉弟っていう関係でいる限り気持ちを通じあわせるのはやっぱり難しいことだよね。あおが「姉だから」想いを肯定できない過程を丁寧に描けたらいいなあと思っていたからたくさん読み取ってくれて凄くうれしいよ。ありがとう( ; ; )

    わたしも2人には幸せになってほしいと思いながら書いてたんだ…!安易にこの先を書いたらダメかなあとも思ってるけど、いつかちょっとでも書けたらいいな。

    みつのこと好いてくれて本当にありがとう♡ 優ちゃんのアイロニーも楽しみにしてます!

    作者からの返信 2017/11/07 08:07