ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    1人教室に残り、生徒会の仕事の整理をする。訂正などが多くて、すっかり外は暗くなっていた。
    「急いで帰んなきゃ!」
    慌てて帰りの支度をする。

    「あれ?もう誰もいないと思ったのに」
    カバンに肩から下げ戸締りの確認をしていると、教室の入口から耳に届いた声。
    「どうしたの?」
    「生徒会のことで、」
    「ふぅーん、もう暗いし駅まで一緒に行かない?」
    !え…。思いがけない言葉に言葉を失う。
    「ほら、行こう!」
    黙っている私の手を優しく掴む。
    「!」
    私はこれにどう対応すればいいのか分からなく、彼に合わせた。
    でも、すごく大きくて、暖かくてとっても安心する。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後

    今日はテスト勉強のために図書室へ

    私一人で行くつもりが何故か聖南(せな)もついてきた

    「今日、誰もいないね」

    「学校自体早く終わったからな、みんな帰ったんじゃね?」

    「かもね」

    高校に上がってからあまり会話をしなくなった私たちに妙な空気が流れた

    「…ねえ、見てないでさ聖南も勉強しなよ」

    「えー」

    「えーって…どうしたの?」

    「…お前、可愛いんだもん」

    「なっ、き、急に何よ!///」

    「照れた顔も可愛い」

    「そんなことはいいから…!」

    「良くない!俺は、お前のこと"俺の女"にするつもりだから」

    「…んっ///」

    聖南は私に返答権も与えないままキスをした

    この時、止まっていた何かが動き出した気がした

    開く閉じる

    • 同級生
    • 校舎裏

    あたし、田口美緒
    憂鬱な教室に逃げるために来たんだけど....。
    そこには、イケメンさんが寝ていらしてました。
    まぁ、今のあたしを見ても大丈夫だろうと思うけど。
    人の休むところに寝るのはやめてほしいんだけどねぇ。
    と、思いながらイケメンさんに近づいた。
    その時、あたしの手首を捕まられてしまった..。
    「なぁ、何してるんだよ。てめぇ。」
    ビクッー!!
    ひゃー、結構な悪者だみたい?
    「おい、聞いてるんか?」
    んー!?
    この声は..。
    もしかして..
    「進藤君?」
    「なんで、知ってるんだよ。」
    「だって、委員会の時によく聞く声だなぁーって。」
    はっ!!ヤバい!
    もしかして、バレるかもしれない..。
    「もしかして、あんた田口さん?」
    ぎゃーー!!
    大ピンチ。そう、焦っていたら
    「ふーん。田口さんかぁ。
     俺と、付き合ってもらうか。」
    んー、なんですとー!!
    いったい、あたしの人生はどうなるのーー?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

叶わない恋と知ってても (和泉あや/著)

  • 短編はあまり読んでこなかったんですが、あやさんの作品なので、読んでみました!さすがです~(^^)
    生徒が先生に恋する…わりとよくある話で…でもほとんどが叶わなくて、切なくなるのに、先生ふたりの優しさがステキで、9ページしかないのに、深く深く心に残っちゃいました(*´-`)
    たくさんいる生徒の中のひとりにすぎないかもしれないけど、どうか先生の心に残りますように(*´ー`*)

    mikuriku   2017/12/21 18:42

    みくさん、おはようございます!
    短編を普段読まないのに読んでくださったなん光栄です(^^)
    やはり、恋人がいても好きでいられるほどの魅力を持った先生なので、思い切りステキな先生にしてまみました。
    そして、彼女である先生も生徒思い。
    短い物語ですが、みくさんがふと思い出すような物語になれていたら幸いです♡
    ご感想ありがとうございました(o^^o)

    作者からの返信 2017/12/22 07:23

  • 主役が失恋しちゃった。

    ユーレイ美術部だったので、イーゼルのお世話になってないのですが、ミーハーしてます。

    聞こえないフリが大人の魅力なんですね。


    「永遠の片想い」と
    いう魔方で、縛られたくない、私とは違う、素直な主役です!

    宝希☆/無空★   2017/08/15 18:28

    宝希さん、こちらにもご感想をありがとうございます!

    なんと宝希さんもですか!
    私もユーレイ美術部員でした( ^∀^)
    一緒ですねー。

    聞こえない振りは、あのシーンで先生たちのできる最大の優しさかなと勝手に思っています。
    そしてそこに隠れてるずるさも大人ならでは、ですね。

    素敵な主役!お褒めいただき光栄です〜。
    次の主役も気に入ってもらえるよう精進します!

    作者からの返信 2017/08/19 00:41

  • 初めまして。

    読後すごく切なさを感じました。

    最後の片隅に自分を覚えていて欲しいという言葉が胸に刺さりました。

    素敵な作品をありがとうございました。

    須藤柚依   2017/08/06 01:14

    柚依さん、はじめまして。あやです。
    この度は叶恋をお読みくださりありがとうございます。
    報われなくても相手の心に残る存在でいたい。
    この物語が柚依さんの心にも残れば幸いです^ ^

    作者からの返信 2017/08/07 22:37

  • こんにちは。完結おめでとうございます!
    早速読ませて頂きました!
    春日さんの思わず漏れてしまった“好き”は切なすぎて泣けてくるし、先生の“聞こえない振り”には大きな優しさが感じられて、切ないんだけど温かい気持ちになれました。とても素敵をありがとうございます♡

    桜ひなた   2017/08/05 23:58

    ひなたさん、こんばんはー!
    望みのない片想いは気持ちの行き場がなくて来るしいですよね( ; ; )
    聞こえない振り、今回はここを書きたかったのでそう言ってもらえて嬉しいです( ^∀^)
    こちらこそ素敵な感想をありがとうございました。

    作者からの返信 2017/08/07 22:30

  • すごく切なくて、共感できる部分が多かった作品でした。とても良い作品に出会うことができて幸せです。

    ☆ミユミユ☆   2017/08/05 23:24

    ミユミユさん、この度は叶恋を呼んでいただきありがとうございます!
    たくさん共感してもらえて私の方こそ幸せです。
    またそんな風に思ってもらえるような作品を書けるよう頑張ります(^ ^)

    作者からの返信 2017/08/07 22:26