ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月07日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 部活中
    • 体育館
    • パスの練習

    私は、李工(りく)君のマネージャーの夏月(なつき)。李工君は、バレー部のセッターのポジションで、夜遅くまで練習をしている。そして、私は片付けなどがあるので私も夜遅くまで体育館にいる。
    李「ねぇ、マネージャー」
    私「どうしたの?」
    李「もう外暗いけど、帰らないの?」
    私「まだ、片付け終わってないからね。」
    ふーんといいながらも李工君はパス練習を続ける
    李「マネージャー今、手空いてる?」
    私「空いてるけど...」
    李「パス練習の相手になってよ、一人じゃやりづらいし。」
    私「いいよ」
    私はそう言って李工君とパス練習を始めた
    私「これでいいの?」
    李「なかなか上手いじゃん」
    少し顔が赤く染まった
    李「ねぇ、今から言うこと聞いてくれる?」
    私「う、うん。」
    李「好き。付き合って」
    そういいながら私にパスをしてきた。
    私「いいよ...私でよければ...」
    そういいながらも李工君は私の唇を奪った

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    続きから

    「えっと...」

    「先輩、本当に鈍感ですね、
    俺先輩のことが好きです
    俺と付き合って下さい。」

    急なことで言葉が出なくて..

    「ちゃんと俺が先輩に似合う男だって証明するので...ダメですか?」

    春樹くんは本当に甘えるのが上手だな...

    「お願いします、」

    「ほんとですか?..」

    こうして私たちは付き合うことになった

    「先輩これからはたくさん甘えて下さいね...あと下の名前で呼んでいいですか?」

    終わり

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 髪クシャ

    「「お疲れ様でした!」」
    サッカー部の終わりの挨拶が聞こえる。
    「やばっ。」
    私は、バレないようにコソコソと逃げる。
    バレたらどうなることやら。

    「なんでこんなところに女子が?」
    背中の方から、声が聞こえた。
    「先輩…!?」
    一番、バレたくない人にバレた。
    「あ、いやこれは…」
    「あー、もしかして梶原?」
    そう言って、先輩は梶原を見つめる。

    梶原は、私の学年の王子様。
    爽やかでカッコよくて、文武両道で。
    先輩は梶原目当てだと勘違いしている。
    「いや、ちが」
    「梶原、呼んできてあげようか?」
    「おーい、梶…」
    「私は!」
    先輩は驚いた顔でこちらを見る。
    「梶原じゃなくてっ!その……」
    「先輩が……好きなんです!」

    先輩は、私の髪をクシャ…と触る。
    「……あー、そっか。」
    その顔は、とても赤くて。
    「…いや、ごめん。勘違いしてた。」
    先輩は、軽く頷いて

    「これからも俺だけ見てくれる?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

愛すべき当て馬ヒーローくん (KIMORI/著)

どのタイプが好きですか?

  • 感想ノートにはじめてお邪魔させていただきます。レビューには収まりきらなかった熱を、うだうだ長々と語りますがお許しください!(土下座)


    まずこれはKIMORIさんの作品を読んでいつも思うことなのですが…KIMORIさんの書く文章ってやわらかくて優しくてとっても読みやすいのに、ハッとさせられるものがそこらじゅうに自然と散りばめられて……。 『こんなの私なんか絶対に思いつかない!KIMORIさんはこんな素敵な考えをしていらっしゃるんだ!こんなふうに世界を見ているんだ!』と普段から常々、尊敬のまなざしを向けさせていただいております…!
    あんまりにも自然に素敵な言葉が降ってくるので、『ひえ…っ!ここで!?こんなになんでもないみたいに!?』と毎回動揺を隠しきれません。 ずっとその一文を読み返していることなんてザラにあります(笑)
    今回もそんな素敵な一文をたくさん見つけてしまったのですが、特に卵焼きのあたりは八木下ちゃんの恋心がチラリとのぞく文章の密集地帯でもうほんとに頭抱えてました、ありがとうございます……。
    きっとKIMORIさんは意識せずとも普段から素敵言葉をぽろぽろとこぼしていらっしゃるんだろうなあ…と思っています。

    そして私は、当て馬くんには幸せになって欲しいけれど当分は主人公を想って不憫なままでいてほしい!という捻くれた性癖の持ち主なので、春丘くんはまだ芹先輩をすきでそれでも手を引くしかなくて、八木下ちゃんが今から春丘くんを幸せにしてやるから待ってろよ!!な終わり方がとっても私好みした…本当にありがとうございます……。

    文字数が迫ってきたのでそろそろ打ち切ります…(笑) 可愛くて切なくてやさしい素敵な作品をありがとうございました。

    春瀬るき   2017/08/07 02:02

    >るきさん

    るきさんご返信が遅くなりごめんなさい…読んでくださりありがとうございました!
    もったいないお言葉をありがとうございます(感涙)どれを読んでくださったかわからないですがはずかしくてはずかしくてうれしすぎます!!隅から隅まで読んでくださり、優しい言葉をかけてくださり本当に幸せです(*^^*)一文を読み返していただけてるなんて、気に入ってもらえる表現が少しでもあったみたいで良かったです!
    玉子焼きの部分は気持ちをチラチラさせたかったので読みとってもらえたようで安心しました。うう…っわたしは残念ながらただの言葉遣い悪い人間です(;_;)

    わかりますわかります\(^o^)/不憫であるほど当て馬くんはきらめくと思ってます!春丘くんはヘタレなのでしばらくずっと芹先輩を引きずります(笑)八木下ちゃんの男気締めを好みだと言ってもらえてうれしいです〜〜!

    るきさんの作品はいつもわたしには書けない感性があふれた表現ばかりで大好きでうらやましいです。これからも読ませてください!すてきな感想をありがとうございました*

    作者からの返信 2017/08/14 23:36