ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • クリスマス4【お題】

    「わー!見て奏!ツリーだよ!綺麗だねっ」

    俺達の倍はあるLEDや飾りを付けられた大きなツリーを見て遥希ちゃんが無邪気に笑う。
    その横顔を見て「君の方が綺麗だよ」なんてクサイ台詞がふっと浮かぶ。

    だけど遥希ちゃんには何と無く言えなかった。
    いつもならスラスラと言えるはずの口説き文句だって出てこない。
    (何俺、話す話題が無いとか...中学生かよ)
    少し違う自分に若干戸惑う。女の子相手にこんなことになったのは初めてだ。


    「あ!願い事書けるんだって。奏何書く?」
    気付けば遥希ちゃんはツリーの下で置いてあったペンを持っていた。
    紙に書いてある事をちらと見れば【これからも奏達とずっと一緒にいられますように】とある。

    (奏"達"っていうのが気に入らないけど...)
    期待の目を送ってくる遥希ちゃんの耳元に近づく。そして、そっと呟いた。


    「遥希ちゃんとずっと一緒にいられますように」

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • ショッピングモール

    「わぁ…っ…すっごい綺麗…ありがとう伊代くんっ」

    「ふっ、そんなに嬉しいの?」

    「うんっ!」

    伊代くんには感謝しかないよ

    それにしても寒いな…

    「くしゅんっ!」

    やば、くしゃみ出ちゃった…

    「大丈夫?風邪ひかないでよ。ほら、これ巻いといて」

    そう言いながら伊代くんは自分のマフラーを外し私の首な巻いてくれる

    「え…」

    「それ巻いとけば少しは違うでしょ」

    「っ…うん…ありがとう」

    伊代くんのマフラーは、伊代くんの甘い香りがして…

    「あとこれ。クリスマスプレゼント」

    プレゼント…?

    「へ…」

    「開けてみて」

    渡された箱を開けると、可愛らしいピンキーリングが入っていた

    「喜んでくれた?」

    「嬉しすぎるよ…っ」

    恥ずかしい、けど…それでもこの気持ちを伝えたい

    「伊代くん…大好き…っ!」

    ちゅっと軽く触れるだけのキス

    伊代くんの顔は真っ赤に染っていた

    開く閉じる

    • 後輩
    • 授業中
    • 教室
    • 告白

    数学の授業中、隣の席の樹(いつき)くんからメモが回ってくる。

    この席になってからは授業中2人でメモ交換することがおなじみになっている。

    今日も回ってきたメモを開くと

    『茉桜(まお)って好きな人いるの?』

    そんなメッセージが書かれている。

    『いない…かな。樹くんは?』

    そっと隣にメモをやる。

    そしたらすぐに返事が返ってきた。

    『俺は居るよ。このクラスで1番可愛い子。』

    あぁ、きっと成実(なるみ)ちゃんだ。1組でダントツに可愛い子。

    好きな人なんて居ないのに、なんでこんなに切なくて、苦しいんだろう。

    『なるみちゃん?』

    そう書いて渡す。今日はいつもよりずっと返事が早い。

    『違うよ。茉桜だよ。』

    …え?私……?

    反射で隣を見る。

    「俺じゃだめ?」

    控えめな声で囁かれる。

    「俺の好きな人は、茉桜だよ。」

    樹くんの耳が真っ赤になっているのを私は見逃さなかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

イクメン作家に恋心。完全版(修正済み) (水無月サチ/著)

読んで下さりありがとうございます!
感想などを書いて頂けると嬉しいです♪
ただしキャラ批判や辛口コメントは、ご遠慮下さい。
ご理解頂けない場合は、予告なしに通報するか消去致します!

  • うーん。大仏ちゃんはどこで先生と涼花ちゃんが付き合い宣言をしたのかわかりませんでした。
    (読みながら寝てたかも)睦月君は相変わらずかわいいです。
    白雪がママの霊が付いていたなんて。
    だからどうしても拾って帰ったって。
    この後は、知ってる通り、妹産まれるし。
    又睦月君に会えたこと、たいへん嬉しく思いました。
    さぁ住職まで、他の皆さんの小説で休んで折ります。
    でもこの小説本にならないかなぁ。ねーーーー!
    絶対予約してしまう。

    大仏ちゃん   2017/07/29 08:55

    大仏ちゃん様。
    嬉しいコメントありがとうございます♪

    付き合う決意をしたのは、奥さんの父親が
    入院辺り
    涼花が気持ちを打ち明けた時です。
    付き合うように仕向けたのは、睦月ですが(笑)

    白雪は、奥さん(ママ)の生まれ変わり。
    だから余計、意思疏通が出来たんでしょうね(*´∀`)♪
    ぜひ書籍化リクエストを……(笑)

    住職も早く完結出来るように頑張りますので
    よろしくお願い致しますm(__)m

    作者からの返信 2017/07/29 09:44

  • 短編の方は再編集しないのですか?

    roko0217   2017/07/25 20:57

    roko0217様。
    再度コメントありがとうございます♪

    あぁ、なるほど。
    確かに再編集も必要かもしれませんね。
    参考にさせて頂きます(*´∀`)♪

    3つとも同じ内容だったので
    こちらで消去しました。
    失礼しましたm(__)m

    作者からの返信 2017/07/25 22:14

  • 凄く面白く一気に読んでしまいました
    続きをお願いします

    roko0217   2017/07/25 15:29

    roko0217様。
    嬉しいコメントありがとうございます♪
    一気読みして頂けた上に面白いと言って頂けて 
    光栄です(*´∀`)♪

    続編の方は、短編小説の方で
    すでに公開しているので、ぜひ
    そちらも読んで頂けたら嬉しいですm(__)m
    ちなみにネタバレですが可愛い妹が登場しています(笑)

    作者からの返信 2017/07/25 17:36