ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年12月09日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 雪の華【SS】

    神様?
    本当にいるなら
    どうか私を助けてください

    悠輔さんと出会って
    ずっと諦めてばかりいた私に
    諦めなくてもいい事
    毎日を無心に生きていた私に
    毎日がこんなにも楽しいことで溢れている事

    初めて知りました

    そして夢を語る貴方の隣に居たい
    貴方を想うだけで心がこんなにもあたたかくなって
    その分切なくなるこれは恋ですよね?

    悠輔さんと一緒にいさせてください
    どんな形でも良いから

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「いつもは冷たくて、無愛想で、私のことからかってばっかりなのに、こういう時だけ優しくしないでよ、!」
    「お前、わかってねーな、いい加減きずけ」
    顔を上げると、チュッと音を立てて、君は私の唇を奪った。
    「好きだよ。」

    開く閉じる

    • お昼休み
    • 屋上

    「いい度胸じゃん?」
    「ひっ…」

    思わず息を飲んだ男に近づく彼。フェンスに男の背中が当たった。

    「なぁ。俺の事知ってる?」
    「く、黒瀬夏毅…」
    「じゃ、この女は誰の?」
    「…黒瀬さんのです…」
    「なぁに分かってんじゃん」

    人の女に手ぇ出してんじゃねぇよ、と吐き捨てて彼は男の脇腹を蹴り上げた。

    「失せろ」

    男は一目散に扉に走っていった。

    「あ、ありがとう」
    「…何かされた?」
    「ううん!夏毅が来てくれたから、大丈夫」

    ってかまず!そんなことより!!

    「これをほどいてくれませんかね…」

    私の手は後ろで組んだまま縛られていて。しかも結構キツめだから自分ではほどけそうもない。

    「嫌だ」
    「ええっ!」
    「フラフラ付いてった罰として着けてろよ」
    「そ、そんなぁ…」
    「安心しろ、そのカッコもそそる」
    「うるさいわ!!」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

「幼馴染のお兄ちゃん、私は彼の許嫁」を本棚に追加するには…

野いちご会員の方

ログインすると、読者メニューの本棚に追加されます。

本棚&しおり機能とは…

今読んでいる小説のページにしおりを挟んだ状態で、野いちご内にあるマイ本棚にしまっておくことができ、いつでもその続きから読めるようになります。
しかも、一度本棚に小説を入れておくと、読み進めるたびに自動で「しおり」を更新していくので、とても便利!
本棚&しおり機能は、野いちご会員限定のサービスです。