ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室

    「はぁ……」

    「溜息ついたら幸せ逃げるぞ」

    隣の席の柳が頬杖を付きながらそう云った。

    「我慢する方が身体に悪いわ…」

    私は机に腕を伸ばして、そのまま顔を伏せた。

    「何かあったなら聞くけど?」

    「聞いてくれる?!」

    その言葉に私はガバッと顔を上げた。

    「最近売れてる芸能人!男性なのに女顔で、凄く綺麗な顔してるの!!もう憧れの顔よ…あんな顔になりたかったと思ったら最後…自分の顔が辛い」

    言ってて悲しくなってきた…
    自分の見た目に自信無いもん、可愛くないしスタイルも良くない

    「はぁ〜…なんだ、そんな事?」

    柳が深い溜息を付きながら頭を掻いた。

    「いや、そんな事じゃないよ?!重要だからね!こんな醜女じゃ、恋人出来ない」

    駄目だ、泣きそう…

    「そう?」

    急にほわっと両頬が温かくなった。
    柳が私の頬を挟んで自分の方へ向けたからだ。


    「可愛いじゃん。俺は好きだけど?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 屋上

    バタンッ


    『今日の空は綺麗だな〜!』


    私は“空”が好き。


    嫌なことを全て忘れられるから。


    『よし、描こっと』


    カリカリ


    私は絵が好き。だから美術部に入っている。


    でも描くのは空だけ。


    見る度に表情が違うから全然飽きない。


    1番好きなのは夕方の空。


    理由は…


    バタンッ


    「遥華ー!!」


    大好きな君に、会えるから。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中

    「妃奈ちゃん。どっかわかんないとこある?」



    『うーん。あっ、ここ出来ないです…。』



    「あ〜。ここね。僕もあんまり上手く出来ないけど」



    •*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪



    「多分こんな感じだと思う!出来る?」



    『多分出来ます。』



    「良かったー。」



    『ありがとうございます。助かりました!』



    「いえいえ。先輩だし!あっ。でも…」



    ナデナデ


    『!!?』



    『えっ!?どうし「妃奈ちゃん。」…はい。』



    「妃奈ちゃん大丈夫だから。もっと周りを頼って」



    『え?……でもっ「…いいから」』



    『…分かりました。』



    「よしっ」



    「そろそろ戻ろっか!」



    『あっ。はい。先輩は先に戻ってて下さい。』



    「分かった。じゃあまた後で!」



    ガラガラ



    『……~っ!!!』



    『はぁ…。顔があつい…。』

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

僕は明日、きみの心を叫ぶ。 (灰芭 まれ/著)

  • 私の過去と似ている
    いじめの辛さは本人しかわからない
    変わり映えのない日々
    生きるために必死!
    私も放送室の壁の落書きして来てるけど
    そのときの言葉は

    『誰か気付いてお願い死にたいんだよ』


    いまでも忘れられない光景、

    上履きを隠される、眼鏡壊される、シャープペンを隠される、描いた絵を破かれる、自由研究をすり替えられる!


    数々のいじめは…今も思いだしたら霧ないくらいにあります

    そんな感じを全て吐き出せなくなった!

    それを気付いてくれた

    たった1人の男子生徒の勇敢たる行動によりイジメのない日々を送れたのは高1の冬

    想い伝えることそれを教えてくれた

    その男子生徒は今の旦那になりました

    彼には、今も昔も助けられてます

    安倉茅琉   2019/08/30 10:53

  • はじめまして。
    私は、この作品が本当に大好きになりました。
    人を見かけで判断してはいけない。
    よく分かりました。私は、考えてみました。
    私も、人を見かけで判断してしまったことがあったなって、そのことに後悔しました。
    もっと、話しかけてみればよかったって、そう思いました。

    そして、いじめのことです。
    いじめが本当に辛くて苦しいこと、よく分かります。
    自分も実際いじめられていたので。
    いじめは、本当に些細なことから始まるんだってそう思いました。
    このお話のように、話が合わないとか、言いたいことを言っていじめられたとか。
    私は、ずっと自分が悪かったんだろうって言い聞かせていました。
    ずっと大好きだった友達たちは私が悪いことをしたからいじめてくるんだって。

    でも、この作品を読んで幸村さんは全然悪くないって思ったとき、自分も何も悪くなかったんだって思いました。
    いじめは、本当に人を傷つける。
    鈴川くんの言葉は、胸に刺さりました。
    涙が溢れそうになりました。

    辛くて、苦しくて。
    でもだれにも頼れなかった私はこの作品に救われました。

    本当に素敵な作品をありがとうございました。

    柏木れもん   2019/08/04 19:36

  • はじめまして。
    以前他サイトに掲載されていたときにこの作品に出会いました。初めて読んだとき涙が止まりませんでした。放送で色々な人に対する賞賛や励ましにも素直に自分を表現できることに心を奪われ、イジメに対する考えやそれに対する行動にただただ凄いと思いました。
    実際私も学生時代にイジメを見つけてどうすればいいのかわかりませんでした。自分が介入すると悪化してしまうかもしれないと。止めることはできなかったけど、寄り添うことはできました。今それが正解だったのかわかりませんが、この作品で当時を振り返ることができました。
    素敵な作品をありがとうございます。鈴川くんの言葉で私も身近なことから頑張ろうと思います。

    有岡真朱   2019/05/10 22:55

  • はじめまして。
    僕は明日、きみの心を叫ぶ。を全部見ました。
    思ったよりも重い。そして、非常にドラマチックなお話でした。まだ書籍版には手をつけていないのですが、いつかは手に取りたいと思っていたりします(同時にどこにもない13月をきみに、も手に取りたいと思いました)。

    この様な素晴らしいメッセージを持った作品に出会えて良かったです。

    自分も、こんなメッセージ性をもつ作品を作れたら……と思わずにはいられません。本当に、素晴らしい作品を見れてとても、良かったです。

    益木永   2019/01/11 18:15

    益木永さま

    はじめまして、灰芭まれと申します。
    このたびは『僕は明日、きみの心を叫ぶ。』をお読み下さりありがとうございます。

    温かいお言葉まで、心から感謝いたします。
    書籍とは大きく異なっている点もあるため、少しでも益木さまの暇つぶしになれたら幸いです。
    作品づくり、お互い頑張っていきましょう^^!
    本当にありがとうございます!

    灰芭

    作者からの返信 2019/02/18 22:04

  • まれさん本人様ですか!?
    私「僕は明日、きみの心を叫ぶ。」
    大好きなんですよ!
    すみません!本人様とは気づかずファン登録していました。
    先程プロフィールを拝見させて頂いている際に
    まさかと思い勢いでコメントさせて頂きました!
    本当に申し訳ございません!
    大ファンです!

    書籍版の方とても感動しました。
    あまりの衝撃を受けたので、
    周りの仲のいい友達に広めてしまいました!
    その上多くの方々にこの作品を知って頂きたいと思い
    読書感想文にも書かせていただきました!
    これからも頑張って下さい!
    心から応援させていただきます!!
    長文失礼致しました!

    橘 柊和   2018/09/03 14:26

    美沙稀さま
    『片想いストラテジー』で感想をくださりありがとうございました。
    灰芭まれと申します。
    『僕は明日、きみの心を叫ぶ。』をお読み下さりありがとうございます!
    素敵なお言葉の数々、とても嬉しいです。

    お友達に広めてくださり、また、読書感想文の作品にも選んで頂けて本当に心から嬉しいです。ありがとうございます。
    こうして感想を頂けて、書いてよかったなと心から実感することができます。素敵な気持ちを、ありがとうございます。
    書籍とサイトでは大きくお話が異なっておりますので、もしお時間あればどちらも楽しんで頂けたら嬉しいです。

    本当に元気をもらいました。
    ありがとうございます。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。
    灰芭まれ

    作者からの返信 2018/09/08 20:09