ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月11日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • ベタ惚れ2【お題】

    【叶恵編】
    私は伊藤叶恵(いとうかなえ)高校2年生。
    「いい加減泣きやめよ。はぁー。」
    慰めてくれているのは同級生で幼馴染の伊鈴永叶(いすずえいと)。
    私は部活の先輩に告白して振られ慰めてもらっています。でも、本当に好きか分からなくて永叶に言ったら応援すると言われ、友達に言ったら先輩も好きだけど永叶も好きなんじゃない?と言われ永叶も好きになってしまい、ケジメを付けるために先輩に告白して、振られショックで慰めてもらっています。
    「だってー。ずっと好きだったんだもん。」
    好きだったのはほんと。でも、永叶の方が好きな気がしてて。

    ギュッ

    「俺じゃダメか?」
    えっ?かぁー。
    「いいよ…」
    必死に答えた返事。本音は
    「嘘ついてごめんね。ずっと永叶が好き。永叶応援するって言われて寂しかった。こうして言ってくれて嬉しい♡」

    チュッ

    「俺の彼女になれよ。」
    「はいっ!」
    やっと結ばれた日。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 自分のいない世界
    • 病院
    • 後悔

    奏汰くんへ

    一緒にいてくれてありがとう。

    こんな私は奏汰くんが私にくれたたくさんのことを返すことができなくて…。
    ごめんね。
    いつも貰ってばっかりで。

    この手紙を読んでる奏汰くんの隣に私はもういないのかな…?

    病気のこと黙っててごめん。
    私の余命言ったら奏汰くん泣いちゃうでしょ?
    大好きな人が涙で染まるのを見たくないから。
    奏汰くんが泣いてるところで死にたくないから。

    私に悔いはありません。
    でも一つだけお願いがあります。
    私の分まで生きて、素敵な恋をしてください。

    奏汰くんいままで本当にありがとう。

    美琴より



    この手紙を読んだ奏汰は後悔した。

    「俺が強ければ美琴を幸せにしてやれたのか?」
    涙でいっぱいの奏汰の声は虚しく空に響く。

    今更気づく。
    自分の想いを伝えることがどれだけ大切か。

    奏汰は願う…
    「俺のような思いをする人が1人でも減りますように」
    と。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • ベタ惚れ2【お題】

    【永叶編】
    俺は伊鈴永叶(いすずえいと)高校2年生。「うっ。ぐすん。」
    そして、泣いてるのが同級生幼馴染の伊藤叶恵(いとうかなえ)。
    幼馴染が先輩に振られ慰め途中。でも、そんなの面白くない。俺は小さい頃から叶恵が好きで初めて会った時から一目惚れだった。いつも、俺が守っていたのに、なんで俺じゃないんだ。
    「叶恵そろそろ泣きやめよ。はぁー。」
    「だってー。ずっと好きだったんだもん。うえーん。」
    うるうるしてる目で俺を見るなよ…///
    そんな目でみてたら、

    ギュッ

    「永叶?ど、どうしたの急に。」
    「俺じゃダメか?」
    とっさに出た俺の初告白振られるとは分かっていたが我慢できない。
    「いいよ…」
    「えっ?」
    思わぬ返事で戸惑うがめっちゃ嬉しい。

    「嘘ついてごめんね。ずっと永叶が好き。永叶が応援するって言ってすごく寂しかった。だから、こうして言ってくれて嬉しい♡」

    チュッ
    「俺の彼女になれよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

毎日が映画のような一コマ 〜ひとつになれない〜 (ジウ/著)

だから社内恋愛は無理。

  • 東雲葵さん

    ブルータス、お前もかーーーっ!

    と、思わずツッコミたくなってしまいました。すいません。えぇと、怒ってないですよ。ノリツッコミですからね、この入り。池内さんではなく池本さんです、葵さん(笑)。いいの、名前なんて。好きに呼んでもらうのが一番。名前は重要じゃないし。

    忙しいのに来てくれてありがとうございます。そして感想まで。

    事件は会議室で起きてるんじゃない。エレベーターで起きてるんだ!をお送りいたしました。お楽しみいただけましたでしょうか?

    愛する人と愛される人は昔の有名な人の格言?らしいです。へぇ〜みたいな感じで思っていたんですよ、最初は。でも、そういえばヒラマサさんが「いいなぁ、愛される人はっ」て心の中で呟いているシーンあったなあって思って。それでちょっと考えてみました。いいですよ、しゃべり場。お付き合いしますよ(*^^*)

    しかし。職場って一日、一年、一生の間に過ごす時間の大半を占めているわけですから人間関係ってすごく重要なんですよね。そしてやっぱりどこか閉鎖的になっちゃうんですよね。

    金魚の彼、高橋さん。振り返って何か一言言わせたくて。そうしたら損な役回りだな、になっちゃいました(笑)。うん、そうだねって感じっすね。しょーがないよ、こればっかりは。

    でも、このまま膠着状態が続いて彼女が弱ってしまえば、高橋さんにもチャンスが回ってくるかもね。

    ジウ   2017/02/04 00:25

  • ひとつになっちゃいなよーーー!

    …と、言うのは簡単なんだがな。面倒臭さしか浮かんでこないわ社内恋愛。高山さんも仰っていたけれど、20代みたいに勢いで行けないしさ。行ってダメでもシャレで誤魔化せん。それが30代。

    恋愛に限らず、オフィスのように閉鎖された空間での人間関係って、一旦不通になると膠着状態に陥りがちだよね。学級内にも似た空気な気がする。それが冒頭に出て来たサポートするべき彼(池内さん?)と彼女とのいまの関係ってとこかしら。。。何が原因で凍りついてしまったのかねぇ。っとに、面倒k……ゴホンゴホン。
    強風でも生ぬるい。嵐がやって来て一回壊滅的にまで壊してくれると良いのですが。(色々気にしてモダモダしてる場合じゃねー!ってな危機的状況がやって来るっていう意味ね。例えば。)

    そういう時にそっと手を差し伸べてくれる金魚の彼、高橋さん!優しいなー。損な役回りだなー。←って自分で言ってたね(笑)

    そうは言っても惚れられないもんは仕方ねぇよなぁ。こればっかりはなぁ。←いきなり何キャラなのあなた

    色恋抜きで助けてもらいましょ、そうしましょ。

    愛されるひとと愛するひと。
    そういう分類の仕方は初めてで新鮮でした!このネタで真剣3〜40代しゃべり場したいですね(笑)
    エレベーター駆け引きの憂鬱な女のホンネ、楽しませていただきましたー!

    東雲 葵   2017/02/03 17:06

  • 高山さん

    高山さん!レビューありがとうございます!

    高山さんのエレベーター物語はどんなお話ですか?宮沢りえですか?←東京エレベーターガールだよそれは。じゃあ、風間杜夫かな…←それはスチュワーデス物語

    すみません。のっけから。嬉しくてつい。

    女の化粧の濃さと心の武装は比例しているのかもしれませんね。確かに。globeも歌ってますからね、経験が邪魔をするって。そう、歳を重ねていろんなことを覚えて傷付かないように守るつもりが、その武装の重さにどんどん動きづらくなっていく。そして沈んだらその重みでなかなか浮上できないという…w

    そうか。まだ悩めるってことはわたしもまだまだ若い証拠ですね☆←

    高山さんみたいに開き直れるレベルになれるまで、日々精進しまっす!ありがとうございます。

    ジウ   2017/01/25 19:51

  • うまのさん

    うまのさんったらww
    そうか、体は正直なんですね。それは今も昔もこれからもってヤツですか。そうですか。ああ、なんだかうまのさんが言うとめちゃくちゃ説得力がw

    たくさん感想ありがとうございます。ただ…すみません、男が高橋さんなんです。ええ、わかりにくくてごめんなさーい!ww

    えっとですね、これには一応ワケがありまして。

    今回ちょっと敢えて女の子の名前を出さずに書いているんです。それは読んでるあなたが主人公っていう、なんてゆーかいわゆるひとつの乙女の夢?←なんだそれは。いえ、でもそうなんです。なので、一番最初に「名前を呼ばれた」って書いたんですけど、女の子の名前は書かなかったんです。そこは自分の名前に置き換えていただいて、この先をちょっと疑似というかゲーム?にでも参加したつもりで読んで楽しんでもらえれば、という…すみません。ややこしいことして!そういうことは表紙に書けよって話ですよね、ほんまスイマセン!

    そんなわけで金魚の彼が高橋さんなんですw
    んじゃ、そういうわけでうまのさん、そんな感じでもう一回読んでみようかw←何やらすんだ。あ、もちろんイケメンで☆

    さてさて。うまのさんが愛する側ってすごくよくわかります。だって、好きな作家さんへの愛とか追いかけっぷりとか?すごく素直で見ているこっちも思わずキュン!てもらいキュンしちゃうくらいですからwwあ、もちろん褒めてます。

    わたしは素直に好きって言えない人間なので、うまのさんのそういう所、憧れてますし尊敬しています。でもその分、受ける傷も半端ないんですよね。でも、その傷は無駄じゃないと思います。だってうまのさんは充分愛される人ですから。その傷さえもうまのさんの魅力です。

    人間関係に努力はつきもの、本当にそうですよね。築くのも維持するのも、壊してまた始めるのも。全部努力が必要です。だからこそ、悩みがつきない。何もしてないのに全部わかっちゃうの彼ったらwなんて、ファンタジーの向こうはホラーですからね。ストーカーになっちゃう。それは怖いわ

    あ、よろしければ今度わたしがうまのさんの二の腕掴んでエレベーターから…Σハッ!相手は男に限るって書いてあったww

    ジウ   2017/01/25 19:41

  • エレベーターの中ってのを前から書きかけたんですが全く違うんですけどね。だけどエレベーターの中って人によりけりですね。

    高橋さんのキャラが良いですね。少しウザいかもですがそれより女心の方が面倒ですね。

    この女性をついついジウさんに重ねてしまいます笑

    こういうと失礼になったらいけないけど二十代前半やなんかはそこまで女性ってややこしくないのかも。
    段々経験が邪魔をすると言うか変な所で臆病になるのかもです。
    リアルなシチュエーションを上手く切り取ったなあと思います。

    おじさんなんてそんな時期を過ぎて開き直ってますよ笑
    リアリティーがとても良かったです(^^)/

    高山   2017/01/25 13:58