ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2017年11月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「たすけて……!」

    __________

    「はぁはぁ、そいつに触んな!」

    「ばか、くんの遅い…」

    「怖がったよぉー、ぐすっ」

    「うん。ごめん、もー大丈夫だよ」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 体育館
    • 後ろからギュッ

    「バイバーイ」

    みんな、部活が終わってすっかり暗くなった体育館から出ていく。

    私がキャプテンに任命されて数週間。
    正直まだ実感もない。

    どうしたら良いかもわからない。
    それなのにみんな私に頼りきりで、
    正直ちょっときつい。

    体育館にはもう私一人。

    思うように出来ない。
    悔しくて涙が溢れてきた。
    どうしてこんなに上手くいかないんだろう...。

    「そんなに泣くなよ」

    誰かの声が聞こえた。
    体育館には誰も居ないはずなのに…。

    顔をあげると悠斗がいた。
    悠斗は男子バレー部のキャプテン。
    私と小学校のクラブチームが同じだった。
    仲のいい男友達みたいな感じ。

    こんな姿を悠斗に見られるなんて。
    でも、悠斗の顔を見たらなぜだか安心した。

    「好きなだけ泣いていいよ
    俺がそうしたいだけだから」

    そう言って悠斗は突然、
    私を後ろからを抱きしめた。


    余計に涙が溢れてきた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • ベタ惚れ【お題】

    オレ樺山 広飛《かばくら ひろと》

    笹野 舞璃《ささの まり》はオレの幼なじみでもあり初恋の人でもある

    「ヒロくーん!今日もカッコいーね
    本物の王子様みたいだね!」

    オレは毎日自分の理性と戦っている

    無邪気な幼なじみの誘惑に毎回困らされてる。

    「もう、限界だごめん、舞璃。」



    不器用王子と鈍感少女の甘々物語!


    スタート→11/25

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく (汐見 夏衛/著)

  • とにかく、泣ける。。
    茜ちゃんが自分に重なって、気づけば茜ちゃんの中に入り込んでいました!
    なぜ自分がここで泣いているのか分からなくなるくらい、あらゆる所で泣いていました。
    そして、青磁くんがかっこいい!!
    その情景がどんどん目に浮かんでくる素敵な作品でした(≧∇≦)/
    ぜひ、これは映画化してほしいです!!
    素敵な作品をありがとうございましたm(_ _)m

    たかたむ。   2017/11/09 07:47

    たかたむ。さま

    ご感想ありがとうございます!
    茜に共感して読んでいただけて嬉しいです。とても心をこめて読んでくたさったのが伝わってきました。
    映画だなんてもったいないお言葉…光栄です。
    読んでくださり、ありがとうございました!!

    作者からの返信 2017/11/12 16:43

  • こんにちは(*^^*)
    本屋さんで見た時、タイトルと表紙を見て気になって買いました!
    早速読んでみると、凄く泣けるというか切ない話で半泣きになりそうでした!
    それで、茜が小学生の頃を描いた青磁の絵を見てみたいなと思いました!
    きっと、凄く綺麗な絵だと私は思います
    汐見 夏衛さんお疲れ様です
    これからの作品を出してくださるなら楽しみにして待ってます
    ずっと応援しています

    夏希‐なっちゃん‐   2017/11/06 16:17

    夏希さま

    拙作をご購入いただき、ありがとうございます! そしてご感想までくださり、本当に光栄です。
    とても細かいところまで丁寧に読んでくださったのが伝わってきて嬉しくなりました。青磁の絵を魅力的に見せたいと思っていたので、そのように言っていただき嬉しいです。
    読んでくださり、応援の言葉までいただき、本当にありがとうございました!!

    作者からの返信 2017/11/06 19:33

  • 最後まで一気読みさせてもらいました‼
    感動しすぎて涙が止まりませんでした
    私は茜と似ているところがあって共感しました‼

    最後まで感動をありがとうございました‼

    安藤 梓   2017/11/05 09:58

    安藤梓さん

    温かいご感想のお言葉をありがとうございます!
    一気読みだなんて嬉しいです! 少しでも楽しんでいただけたのなら幸いです。
    読んでくださり、ありがとうございました。

    作者からの返信 2017/11/06 19:31

  • 最初は、タイトルの意味が全く分かりませんでした。
    でも、読み進めて行くうちに、その意味が分かってスッキリしました。
    青磁と茜の他の作品とは違う雰囲気に圧倒されて、寝るのも忘れちゃうくらい読むのに夢中になりました。
    本当に感動しました。大好きな本のひとつになりました。

    感動を、ありがとう

    sa_ya.69   2017/10/26 01:48

    sa_ya69さま

    ご感想ありがとうございます。
    嬉しいお言葉がたくさんで、がんばって書いてよかったなあと感激しました。
    拙作を読んで少しでも楽しんでいただけたのなら幸いです。
    読んでくださり、ありがとうございました。

    作者からの返信 2017/10/31 13:02

  • 最後の最後で本当に感動しました
    題名の意味をずっと考えていてわからなかったんですけどその意味が分かると本当に感動して青磁の強さの理由がわかりめちゃくちゃよかったです!!!
    これからも応援してます!

    けい76   2017/10/16 17:34

    けい76さま、お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
    題名の意味はこの作品の重要なポイントと思って書いたので、意味が分かって感動したと言ってくださって嬉しいです!
    読んでくださり、ありがとうございました。

    作者からの返信 2017/10/22 20:03