ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    パタパタパタ

    ガチャ

    「やっぱり斗唯ここにいた。探したんだよ?」

    「なぁ祐希,返事どうしたんだよ?」

    「えっ?」

    「昼休みに告白されてたろ?」

    「知ってたの?」

    「なんて返事したんだよ」

    「『好きな人がいるので』って断ったよ」

    「なぁ祐希,そんなやつやめて俺にしろ」

    「ヘっ??」

    「だから,俺と付き合え」

    「...えっ?嘘!?ずっと私のことなんて眼中にないんだと思ってた。(ボソッ」

    「俺はずっと祐希が好きだった」

    「斗唯ありがとう。私の好きな人って斗唯なんだよ?だからよろしくお願いします」

    「ッ\\\...焦ってカッコ悪っ」

    「大好きだよ斗唯!」

    「やっとこれで俺のもの。一生離してやんないから」

    「うん!私だって斗唯のこと離さないよ?」

    「祐希,好きだ」

    チュッ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これは貴方と私の一生に一度の恋物語

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼氏と別れて早1時間…
    私から振ったのに、何故か涙が…止まらない。

    だって、しょうがないじゃない…
    あの女…藤守さんに、脅されたんだから。
    今頃裕翔は、どうせ藤守さんと一緒に居るに違いない。
    私より女子力もあって、メイクは少し濃いけど可愛いから。
    だから、男子なんて嫌い。性悪女でもすぐにホイホイついて行くんだから。

    私には、もっと素敵な男の子がいるはず…
    するとお店の方からふわりといい匂いがして来た。

    ああ。この匂い。裕翔の香水の匂いに似てるわ。

    「…ぐすっ」

    すると今度は後ろからも香水の匂いがして来た。

    ふわん…

    「はぁ…梨佳っ!何で別れるなんてっ」

    裕翔…息を切らしてまでここに来てくれたの?

    「うるさいっ近寄らないでよ!」
    「藤守に何か言われたんだろ?俺はあんな女の命令に従わない」

    「〜っ」

    バカ。気付くの遅いわよ。

    そう言い終わる前に、唇は重なっていた。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 告白

    「片桐、こんなところに呼び出して何の用だ?」
    「はい、告白と言えば校舎裏だと思いまして、ということで好きです! 付き合ってください!」
    「片桐、気持ちは嬉しい。お前は良い生徒だし、人気者だし」
    「じゃ、じゃあ付き合って・・・・・・」
    「だが断る!」
     俺は片桐の言葉を遮った。
    「な、何で!?」
    「何でって、俺は教師だからだ! 付き合えるわけなかろう!」
    「えー、先生思考が古いですよー、バレなきゃいいんです!」
     片桐はドヤ顔でそう言った。
    「言い訳がないだろう? 俺は生徒と付き合う気はない。分かったら早く帰りなさい」
    「むぅーー、先生のイケズ! 明日も告白に来てやるーー」
     片桐は口をぷぅっと膨らませて走っていった。
    「おい、明日は土曜日だろ・・・・・・まったく、何で俺なんかを」
     片桐は可愛い、もし自分が教師でなければ・・・・・・そんな考えが浮かんだが俺はすぐにそれを振り払った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

優しい嘘 (幸色 つづり/著)

  • *はや衣鳥 様

    初めましてですが、御名前は何度か拝見して居ります。こんばんは(^^)

    ルークの優しさと温かさが伝わっているようで嬉しい限りですよ。ありがとう御座います(*^^*)

    ルークにも幸せを!と思いまして、続編でハッピーエンドを書きました(笑)興味とお暇があればお読みくださいませ。強制では無いので無理はしないでくださいね(笑)

    此方こそ誠にありがとう御座いました。感謝感激です(*´`)

    幸色 つづり   2016/09/19 20:51

  • 初めましてこんばんは。

    こちらを読んでとても切なくなりました。
    クレアに対するルークの想いが悲しくて、でもどこか温かくて。
    相容れられな種族の悲しさと切なさがぎゅっと詰まっているように感じました。
    幸せになってほしいです、ルークに。
    そしてクレアにも。

    素敵な作品ありがとうございました。

    はや衣鳥   2016/09/19 20:38

  • *楓 十色 様

    お疲れ様です。こんばんは♪素敵なレビューと御感想、誠に感謝感激です(^^)

    どうしましょう。折角身悶えて頂けたのに、堪えられなくてハッピーエンドを用意してしまいました(°Д°)今までバッドエンドを書いた事が無かったので、私が辛くなってしまったんですね。どうかルークにも幸せを!…と思いまして(>_<)

    こんなに褒めて頂けると私も照れ臭いですが、素敵な御言葉を頂けて大変嬉しゅう御座います。

    もっと頑張らねば!と思います(`・ω・´)シャキーン

    レビュー&御感想、誠にありがとう御座いました。

    幸色 つづり   2016/08/30 18:05

  • こんにちは。切なく悲しくもあるストーリーの中に、ふわりと心温まる刹那的な瞬間がありますね。こーゆー演出がより一層切なさを煽られて身悶えします。

    もしかしたらクレアは知っていたのかも知れない。そこまで想像するとなおさら。

    なりより、ルークの深い心の葛藤がリアルでした。高山さんの言う丁寧さが、この心理描写にふんだんに活かされていると思います。舞台はやはりトランシルヴァニアでしょうか。トリップしてみたいです。

    楓 十色   2016/08/30 16:32

  • *高山 様

    お疲れ様です(^^)/こんばんは♪

    素敵なレビューと御感想ありがとう御座います(*´`)

    今回はハッピーエンドにはならなかったので、ルークが可哀想で私が辛いですが、私がルークだったら…と考えたら、高山さんが言うようにやっぱりああするしか無かったと思うんですよ(T^T)

    最近のファンタジー小説だと吸血鬼はお日様に当たっても大丈夫になってますが、進化する前の吸血鬼を書いてみたかったんです。

    知ってる範囲で書きましたが、少しでもお楽しみ頂けたようで良かったですよ(^o^)お褒めの言葉まで沢山頂けて感謝感激です♪

    ありがとう御座いました(*´ω`*)

    幸色 つづり   2016/08/29 18:50