ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 告白

    げげっ。滅茶苦茶厳しい現国の先生の授業で、教科書忘れた。
    隣の葉山の肘をつつく。
    「奈々?」
    不思議そうに私のほうを眺めるキミの綺麗な目を見ると、その世界に惹きつけられる。言うまでもなく、容姿も完璧。そんな彼と話すと、胸が高鳴るだなんて本人に言えるわけない。だって葉山はドSなんだ。
    「忘れたの…見せてくれる??」
    ニヤッと笑うキミ。
    「なに企んでるの?」
    恐る恐る聞く。
    「好き、って言ったら貸してやるよ。」
    は!?なんでよ!?
    やばい、次、音読しなきゃなのに!もう、こうなったら…
    「葉山、すっ、好き…。」
    「ん?聞こえねえ。」
    「好き!」
    「ん。」
    渡された教科書。そのおかげで朗読成功!
    「奈々、手、出して。」
    耳元で言うのは反則!

    「好きだ。」
    手にマッキーで書かれた。
    「奈々は?」
    きっと葉山は私の気持ち、わかってる。
    「…好き。」
    涼しげな顔で笑っている。そんな君の虜なんだ。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下

    「あのさー」


    みんなが帰ったあとの静かな廊下。
    部活を引退したばかりの3年生の彼が、棚にあった教科書をいじりながら問いかける。


    「俺のどこが好きなん?」


    不意をついた質問に、プリントを整理する手が止まる。

    「どこ…って?」

    「俺の好きなところ」

    「全部だよ」

    「その中でも特にってところ。ない?」

    「んー…」


    彼はイケメンだし、運動も勉強もできるし、優しくて面白い。

    全部好きだけど、特に。
    特にすきになったのは───。



    「…自分に自信があるところ、かな。
    最高にかっこいいなって思った」



    彼はいじっていた教科書を戻した。

    急に抱きしめられる。


    「うわべだけじゃないとか、超嬉しい」

    「…うん」

    「俺、お前のそういうところがいちばん好き。しっかり人を見てるところ」


    先輩も人のこと言えないんじゃない?
    そう言うと、彼は嬉しそうに耳もとで笑った。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「失礼しまーす…」

    そっと扉を開けて中に入る。いつもは賑やかな部屋がやけに静かだな、と思ってたら案の定。

    みんなはいなくて、彼だけ机に突っ伏して寝ていた。

    「…拓麻さーん」

    「…」

    隣に座って呼び掛けるけど、返事は無い。

    「起きてくださーい」

    「…」

    さらに近づく。やっぱり返事は無い。

    「…いたずらしちゃいますよ」

    「…」

    いつもドキドキさせられてるし、たまにはいいよね…?

    ちゅっ

    彼の耳に少しだけキスしてみた。


    「…そんだけ?」

    「えっ」

    形勢逆転。起き上がった彼に腰を抱かれ、今度は私がキスされて。

    「お、起きてたんですか!?」

    「うん、結構前から」

    「…意地悪」

    「ごめん。綾乃の困った顔見たかった」

    頭をぽんぽんして、送るから一緒に帰ろ、なんて。


    やっぱりドキドキさせられるのは私の方だ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ヘタレ王子に求愛されました (幸色 つづり/著)

  • *ruriguma 様

    御感想とっても嬉しい限りです!
    ありがとう御座います(*^^*)

    ハラハラドキドキ、そしてイライラ(笑)とヘタレを堪能して頂けたようで大変嬉しく思っております!

    ちょっと可哀想なんですけど、葵にはタイトル通りヘタレを貫いて貰いました。
    初夜~の後の事は読者様に御想像…いや、妄想して頂きたかったので、作者は今とてもニヤニヤして喜んで居ります\(^o^)/

    和奏も喜んで葵の鼻血を拭いてる事でしょう。ウフフ

    ニコニコ美味しく食べる事、
    私は葵と同じように平和の象徴だと思っております(笑)

    楽しんで頂けて逆にありがとう御座いました(^^)
    此れからも頑張らせて頂きたいと思います!

    現在、新しい作品(非公開)を書き綴っておりますが、完結するまで暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます(T^T)

    でも…次の作品は色んな意味で裏切っているかも知れません。
    やるなら一噌派手にやろうと思って書き綴っておりますが…
    読者の方々に『は?ナニコレ?面白いの?』なんて思われる可能性が大です(汗)。
    ですが、なるべくお楽しみ頂けますよう、兎に角気合いを入れて頑張ります!

    此れからも宜しくお願いします。

    幸色 つづり

    幸色 つづり   2016/06/08 14:47


  • 最後までヘタレでしたね~(爆笑!)
    いやー、こちらがハラハラ・ドキドキ、
    イライラしました。

    葵くん、今までずっとおあずけを喰らってたのに、
    このままではかわいそうすぎる~(笑)
    最後まで行くには初夜から3ヶ月ぐらいかかったのでは…。と想像しちゃいましたー♪。

    食べる事ってとても大事だけど、美味しくニコニコ
    食べれるってのはいいですよねー。
    和奏ちゃんの懐の深さに感動でした。

    楽しい作品をありがとうございました。
    今後も頑張って下さいね。

    ruriguma   2016/06/08 09:39

  • *ちょこ15さーん!

    毎回毎回ありがとう御座います(*^^*)
    それからちょこさん
    1000人おめでとう御座います\(^o^)/
    この思いを早く伝えたかったです!w

    最強のヘタレを書いてみたかったので、ちょこさんの感想を見て感動した!
    素敵な作品を書かれるちょこさんに言われると、やりきったー!とホッとしちゃいますw
    評価して貰えるなんて嬉しいです!

    ちょこさんの新しい作品読みたいんですけど!無愛想な人が大好きなので!
    でもまた直ぐ書き始めちゃったので、ダダーッと時間が空いた時に書き綴る事だけに専念します(T^T)

    あとちょこさんの方言を私も方言だと思ってないので、恐縮ですが勝手に親近感が湧いちゃってます('ε'*)w

    そうなんです!実はアールグレイティーっていう紅茶なんですねw
    ちょこさんが言うなら暫くはティーカップに収まって紅茶になります!

    最近スマホを弄る時間が減りまして、何とか時間を作って書いてますので…

    と、ととととと兎に角っ、が、ががが頑張って、かっ書くからっ!(葵風に)

    また出来上がり次第ファンメールにてお伝え致します!

    御感想、何時もありがとう御座います♪

    幸色 つづり   2016/05/31 22:42

  • 完結お疲れ様でした!

    もう笑っちゃうし、イライラするし
    なんなんですかっ!と言いたい(笑)

    社長の方が頑張ってるじゃん!
    告白もダチ連れw
    話もまともにできなくて
    抱きしめることも躊躇って
    どれだけヘタレなんだよー!

    いつになったら
    子孫繁栄に繋がることやら…


    いつもいつも、ストーリーには驚かされます
    今回も楽しくワクワクしながら
    読むことができました!


    そして、初めて知りました!
    紅茶だったんですね(笑)
    素敵な名前だなーって思っていたので
    変えて欲しくないかな!

    ちょこ15   2016/05/31 21:59