ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • ヤキモチ

    『エアラブ放送局です!本日は高等部入学式に突撃訪問です!美友先輩こんにちは!』
    『ええ?』

    中等部の後輩の出現に美友は驚いたがマイクを受け取った。

    『こんにちは。素敵な入学式でしたよ』
    『ありがとうございました。これでインタビューは終わりです』

    そんな後輩はじっと美友を見つめた。

    「なんか綺麗になってる」
    「そんな事ないよ」
    「髪も切ったし、スカートも短くて……」
    「どうしたの?」

    彼は美友の手をつかんで歩き出した。

    「許さない。僕を忘れるなんて」
    「忘れてないよ。ねえ、どうして怒っているの?」
    「……あのね。美友先輩。僕の事好き?」
    「好きだよ」
    「後輩としてじゃなく、男としてだよ!」
    「私は好きとかよくわからないの」

    すると彼は美友にギュと抱きついた。

    「僕はこれくらい好き!だから」
    「わかったわ。じゃ、一緒に帰ろう?」

    この2人を芹那は今日も呆れて見ていたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 後ろからギュッ

    私「よしっ、できた!」
    私の目の前には美味しそうなカップケーキ。
    名前は知らないけど、あのイケメンの先輩に渡すんだっ!
    「みゆき〜!カップケーキできた〜?」
    あ!幼馴染の和くん(ヨリ)だ!
    私「うん!できたよ〜」
    「うわ〜、ちょーうまそー!俺にチョーダイ♡」
    えっ!?
    私「私、渡したい人がいるからっ!」
    「…フーン…それって、あの名前も知らないセンパイのこと?」
    なんで知って…!
    和くんは私の腰に手を回して、後ろから抱きついてきた。
    「そんな奴より、俺のほうがみゆきのこと好きだと思うけどなー。」
    私「エッ////」
    「あはっ、みゆき顔まっかー♡」

    結局カップケーキは和くんにあげました////

    開く閉じる

    • 同級生
    • 卒業式の後

    「やだ!帰らない!」
    「なりません!帰りますよ!」
    私悠里は超がつくほどのお嬢様…今日は卒業式だった。好きになった晴人くん告白してないしあえてもない
    「帰りますよ!」
    彼は執事の綾鷹
    『ガラッ』
    「紗南柄!」
    「晴人くん!」
    「芹生院様こないでください!」
    私を担ぐ綾鷹、
    「降ろしなさい!」
    「…」
    『トン』
    綾鷹によって私は意識を失わされた。最後の日なのに…
    -晴人-
    「何してるんだ」
    「近づかないでください」
    「はぁ!?」
    「…不良のあなたとつるまれては困ります」
    「!…それでも俺はその子が好きなんだ…」
    「分かりました…お嬢様…」
    「んっ…何するの!綾鷹!」
    執事の彼にキスされる彼女、その起こし方は…
    「お嬢様、一言だけ申すことを許します。」
    「!」
    「早く」
    「晴人くん好き!付き合って!」
    「…!俺も好きだ!」
    「…」
    俺らは付き合うことになった…

    「俺だって好きだったのに…」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

たすけて!田中くん (丸井とまと/著)

  • 田中くん!ヤバイ・・・。好きだわ・・・。

    あ、柏木れもんです。
    先ほど、遅咲きの初恋で感想を書きましたものです。
    同じ作品では、もう1度書けなかったので他の小説にお邪魔します<(_ _)>
    意見有難う御座います。
    確かに消されるかも・・・。
    あと、SNSで交流させていただいている歌い手さんをもしよければ教えてもらえないでしょうか。
    本当に歌い手さんが好きなんです。

    あ、小説本当に面白かったです!

    柏木れもん   2018/09/02 19:58

    こちらの作品もお読みくださり、ありがとうございます!
    楽しんでいただけて嬉しいです。

    書き込みの件ですが、感想ノートのルールなどはQ&Aに書いてありますので、心配でしたらご確認ください!
    交流させていただいている歌い手さんの件ですが、先ほど柏木さんがあげていた方の中にはいないです。(デビューなどはされていません。現在積極的に活動をされていない方もいまして……)
    柏木さんが本当に歌い手さんが好きな気持ちが文面から伝わってくるからこそなのですが、小説の感想コーナーの場でお名前を出すのは一ファンとしても友人としても控えさせていただきたいです>< すみません…!
    お手数ですが、私のTwitterのフォロワーの欄をご確認頂くか、リプを送っていただければ答えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

    作者からの返信 2018/09/02 21:06

  • 田中くんバリ好みだ…
    まじ面白かった!!!
    ファンポチさせてもらいますね😍

    桜姫☆*。   2018/07/20 22:55

    桜姫☆*。さん
    はじめまして。お読みいただき、ありがとうございました!

    最初は「よし、私も暴走族もの書いてみるぞー!」と思って、ストーリーを考えていたのですが、やっぱり自分には難しい……と断念して、隣の席の田中くんが誕生して、このようなストーリーになりました^^;
    結果的に楽しんでいただけて、嬉しいです!
    ファン登録もありがとうございました*

    作者からの返信 2018/07/20 23:15

  • この作品もとても好きです…!!!丸井先生の繊細で綺麗な文も感動してとても好きですが、勢いのあるコメディもとても好きです!!
    それと一応…!p93の男のセリフ仮→借りかなと、…一応ご報告させていただきます!

    桜庭 月琴   2018/07/15 00:20

    桜庭 月琴さん
    こちらの作品もお読みいただきありがとうございます!

    かなりぶっ飛んだ作品なのでテンションを引きあげて書いていたのですが、こちらの作品も楽しんでいただけてよかったです!
    誤字の件、ご報告ありがとうございます。
    修正させていただきました!

    作者からの返信 2018/07/15 13:03

  • もう、田中くん最高でした!
    丸井とまとさんの作品最高です!!

    れなえみり   2017/11/08 22:28

    れなえみりさん
    お読みくださりありがとうございました!
    かなりぶっとんだストーリーだったかと思いますが、楽しんでいただけて嬉しいです*
    ふらっと番外編更新するかもしれませんので、
    そのときはお付き合いいただけたら幸せです〜!

    作者からの返信 2017/11/09 22:57

  • ナキムシさん
    こちらの作品もお読みいただき、ありがとうございます!
    そうなんです。実は潮の姉の話でした。最後にネタバラシしようと思い、彼らを出しました。
    田中くんにきゅんとしてもらえて嬉しいです*

    おお……苺キャンディ苦手なのですね!凪沙にとってもかなり最悪だったと思います。(笑)そんな状況が田中くんは楽しいのだと…!

    最後まで楽しんでもらえて嬉しいです。
    ありがとうございました!

    丸井とまと   2016/05/22 23:57