ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 両片思い

    「…なぁ、まだ?」
    「あともう少しだってば…だから先に帰っていいって言ったのに」

    日誌当番になり、クラスメイト達が部活に行ったり帰宅するなか私は一人日誌を書く予定だった。…隣のクラスである幼なじみがいるのは当初の予定にはなかったけれど。

    「だいたい今日は部活じゃなかったの?」
    「…んー?今日は休みだって」

    日誌を書く合間にこうやって話しかけてもどこか上の空で。どうしてここにいるのか不思議でならない。

    「はいはい、それじゃあ日誌も書き終わったし、帰りますか」
    「!…ん、帰る」
    「まぁ、日誌を提出してからだけ、っ」




    「…おつかれさま、“はーちゃん”」

    (はーちゃんなんて、呼び方はいつぶりだろうか)
    (…それよりも、頬にキスしてきた理由を聞かなきゃいけないのに)
    (彼の優しい笑みが、私の顔をさらに熱くさせる)

    開く閉じる

    • バレンタイン

    「用務員のお兄さんだけど、これ見て」
    「落とし物?」

    美友と彼は赤包を見て、持主を探した。

    「大好きな●●さんへ 桜田美友よりって、私の名だ?」

    汚れた宛名を読んでいると、声がした。

    「何やってんだよ」
    「いかがしました?」
    「ねえ、調子どう?」

    三人男の前で彼女は首を傾げていた時、放送が流れた。

    『エアラブ放送局です!美友さん!僕、チョコ待ってます!』

    「は?」
    「公私混同とはこの事ですね」
    「やるな?」
    「おい。お兄さんもまだだぞ」

    「ふわ?眠い……何してんの」

    生徒会の先輩まで現れた校庭隅で、男子達が騒ぎ出した時、頭上から声がした。

    「おーい。貴様ら。それワシの!返せ」

    「理事長爺さんか」

    これを知った五人は勝手に食べてしまった。

    「あの皆さん……お味は?」

    最高!の言葉に彼女は恥ずかしそうにうなづいた。
    うらら学園のバレンタインはこうして甘く幕を閉じた。

    開く閉じる

    • 羽生君
    • VD2020【お題】
    • スケートリンク
    • 愛の儀式

    羽生君は踊る。
    moonと一緒に、黒いタキシードで…
    羽生君は舞う。
    sunと一緒に、白いタキシードで…


    「嗚呼、羽生君」
    ご結婚おめでとうと私は夢想した。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

私のヤンチャなヒーロー様 (氷川マサト/著)

  • ♡shion♡さま

    お読みいただき、ありがとうございます!
    丁寧で温かいコメントとリズミカルでカッコいいレビューも、すごく嬉しいです、ありがとうございます!

    誤字指摘、感謝です(^^;
    まず真っ先に直しました(Toshi-Rockさんに申し訳ない……)。


    情報量、多いですよね(笑)
    いつもの癖ですが。

    実はこれ、去年の2月、リクのバレンタイン短編を書く前からアイディアがあった代物なので、自分の中でのイメージが既にかなり固まってました。
    クライマックスでのヒロのスピーチとか、最初に閃いたときのメモそのままで。

    登場人物を気に入っていただけて、光栄です(^^)


    breakin'の動画、最近またハマって観ています。
    自分でも踊れたら楽しいんだろうな、と羨ましくなりつつ。

    しょぎょーむじょーブラザーズの1/19付のブログに、HIDEさんが世界戦に出ていたころの動画が紹介されてました。
    Battle Of The Year 2007 International(ドイツ開催)でHIDEさんたちTurn Phrase Crewがショーケース部門で優勝したときの動画、度肝を抜かれます。
    ダンスとして技術的に凄いだけじゃなくて、誰が観ても本当に楽しいステージで、画面の前で本当にテンションが上がりました。
    生のダンスを観たい!


    お忙しい中、長編をお読みいただき、ありがとうございました!
    怪我や風邪に気を付けて、本気のダンスを楽しまれてください(^^)

    氷川マサト   2016/01/23 22:29

  • お久しぶりです!

    何とも満たされたような読後感に浸っております^ ^
    この感じもヒロの人柄故でしょうか…
    リク視点の時とはまた全然違い、楽しませて頂きました^ ^

    ストーリーとしても濃い内容でしたが、それと同じくらいにヒップホップの情報も多くて、リアルな言葉が爽快でした。

    私自身、秋頃からbreakin'に手を出してますがヒロやリクが本気で楽しいのが少し分かります。
    他のジャンルとはまた全然違うbreakin'だけの楽しさは魅力的です。

    エリさん、凄い好きです((笑
    アッサリしててカッコイイのに、偶に弱くて女の子らしいところがツボです><

    大雅さんと三根さんのやり取りはスカッとして楽しませていただきました!

    今回の作品で、リクよりもヒロの方のファンになりそうです((笑

    またまた素敵な作品、ありがとうございました!
    また他の作品にもお邪魔させていただきますね!

    ♡shion♡   2016/01/23 20:36

  • >ナキムシさま

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

    ここから全部が始まる、という感じのエピローグにしたくて。
    DJあり、MCありのダンスシーン付き結婚式でした。

    前年度、死ぬほど忙しい思いをして結婚式を挙げたんですが、小説の取材になったという点では、挙げてよかったと感じています(笑)

    リクの話、また書きたいですね。
    ヒロのところから独立する時期の話、とか。
    家を借りるときには保証人が必要になるんですが、自分の父親に頼めるようになってほしいです。

    いつもコメントいただき、本当にありがとうございました!

    氷川マサト   2015/11/28 03:22

  • 真紗兎さま♪

    素敵な結婚式でした。ありがとうございます!
    みんな幸せそうで、こっちまで幸せな気分になれました(^^)

    佐藤さん、転職したんですね(゜゜;)
    みなさん思いきるなぁって思いました(笑)

    リクの準備した余興は最高でした!
    出だしの語りとしぐさで惹き付けて、そしてみんなで踊り出す。佐藤さんがDJ やってくれたのも嬉かったです♪

    そのうち、またリクのお話書くんですよね?
    それも楽しみにしてます!

    今回も素敵なお話ありがとうございました!

    霜月 迷   2015/11/27 22:56

  • >ナキムシさま

    ライバルが仲間になる、という少年漫画の典型的スタイルです(笑)
    番外編・短編というか、また本編の続きを書かねば、と最近気付きました。
    まだ描いていない部分が残ってるんですよね。
    18歳リクも親とは和解してないし、リクがヒロを超えるところも描きたいし、本格的なダンサー同士のダンスバトルも書きたいし。

    また短編集をまとめてみてもいいんですけど。
    【あまくてあまい、】が「はじめての」をテーマにしてたように、「酒を飲む」というテーマで、同じ店を舞台に描いていくとか。
    いろんな方向、考えてみてます。

    今日と明日の9-2とエピローグで、全部バーッとフラグ回収します。

    氷川マサト   2015/11/26 21:06