ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    「その、忙しいのに呼び出したりしてすみません。」
    「いいよ、それより、何?」
    「あの、私、大会で、足引っ張って、落ち込んでた時に励ましてくれた時から、先輩のことが好きでした!だから、……その……。」
    そう言ったとたん、グイッと先輩の腕の中に引き込まれた。
    「その先は俺に言わせて、好きです。俺と付き合ってください。」
    その言葉を聞いた途端、涙が溢れてきた。私は泣きながら
    「よろしくお願いします。」
    と答えた。
    そう言うと、苦しいと思ってしまうほど抱きしめてくれた。
    「離してって言っても離れねえから、覚悟しとけよ。」
    と言われたから、
    「はい。」
    と答えて、抱きしめ返した。
    「……先輩、大好きです。」
    そうして、私は先輩の彼女になった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    「先輩、すみません。忙しいのに呼び出したりして」
    「いや、別にで、何?」
    「あの、私大会で足引っ張って、落ち込んでた時励ましてくれた時から先輩のことが好きでした!
    だから……その……」
    グイッ
    「キャッ!」
    トサッと先輩の腕の中に引き込まれた。
    「その先は俺に言わせて。好きです。俺と付き合ってください。」
    先輩からその言葉を聞いた途端涙が溢れてきた。
    私は先輩に身を任せながら、
    「よろしくお願いします。」
    と言った。そしたら、先輩は苦しいと思ってしまうほど抱きしめてくれた。
    「離してって言っても離れねえから、覚悟しとけよ。」
    私は笑顔で
    「はい。」
    と答えながら抱きしめ返した。
    「……先輩。」
    「ん?」
    「大好き。」
    そうして、私は憧れの先輩の彼女になった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 屋上
    • 告白

    ダンス部に所属している柚葵、ある日、大会で足を引っ張ってしまい落ち込んでいた所を、柚葵の1つ上の先輩、颯斗が励ましてくれたのをきっかけに恋に落ちた柚葵。2人の恋の行方は!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

双子姫 (〜♡桜♡〜/著)

  • 切なさがあってちょっと涙が出ちゃいました
    優菜ちゃんが余命宣告されてたんなんて思ってもいませんでしたあんなに元気なのにね
    最後らへんはずっと涙目でしたこれからも頑張ってくださいね!!

    hiiina0603   2019/01/04 04:14

  • キュンキュンと、切なさが混ざって、今顔がとてもすごくなっています(笑)

    涙目&赤面です(笑)

    面白かったです!(*´∀`*)

    ☆☆アンナ♪♪   2018/05/18 22:05

  • すごく 感動しました
    続編 出来れば お願いします!
    これからも 頑張ってください(≧∇≦)

    ぷりんとう   2018/01/20 20:41

  • とっても感動しました。

    面白かったですが、読み終わったら目が真っ赤でした…。

    続編期待しています❗
    これからも、頑張ってください!
    応援しています‼

    うぃり(退会)
    2017/05/08 18:46

  • すご~く面白かった
    最後の終わり方好きです
    また素敵なお話書いてください!!
    楽しみにしてます!!

    チャンミンソク   2017/02/21 19:46