ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月08日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    いっじわるな君

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後

    ──幼なじみって難しい。

    近くて遠くて、届きそうで届かない、そんな存在。


    「ゆうちゃ.....優心(ユウシン)くん、」

    ゆうちゃん、と呼びそうになって慌てて口をつぐむ。
    たった今、信号待ちでたまたま一緒になった彼は、いわゆる幼なじみだ。

    長谷川優心。
    さらさらの髪、綺麗な二重の瞳、高い背。

    彼自身の性格は目立つわけじゃないけれど、整った顔立ちと優しい性格で、校内では有名人だったりする。

    「...心結(ミユ)、」

    声をかけられるまで私に気付かなかったのだろう。
    ちょっと戸惑って目を瞬く優心くんは、何だか可愛かった。

    「久しぶり、だよね。元気?」

    私は彼に、もう一度近付きたい。

    勇気を出して声をあげると、彼はふわりと笑って頷いた。

    「心結が元気そうで安心した」

    あったかくて優しい、ゆうちゃんの声。


    ──幼なじみって近くて遠くて難しいけどきっと、また近付ける、よね。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

炎昼とターコイズ (木元さな/著)

  • 颯希ちゃあん( ; ; )ありがとう嬉しい( ; ; )

    私もこのお話に出てくる人たちみんな好きだから本当に嬉しいよ〜〜。

    このお話は颯希ちゃんの世界がこうなんていうかバーンって出てきてると思うから、その世界に私も入れた気がして感激してるよ……!

    颯希ちゃんの世界観が私は本当に好きだし、颯希ちゃんが言ってたように二つのお話でリンクしてるところあるし夏素敵すぎだしもう運命感じてるからねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    初コラボが颯希ちゃんとでよかった!ありがとうございます!!!

    木元さな   2015/08/13 12:09

  • さなちゃ( ; ; )( ; ; )コラボありがとうございました。読みました。問答無用で感動しました。( ; ; )( ; ; )( ; ; )


    さなちゃんはわたしの頭の中が見えるのかってくらいツボおさえてくれて、しかも想像以上の世界観をみせてくれて、本当に本当にありがとう。
    壮大な夏色に、透き通る海風に。やっぱり私はさなちゃんが生み出す演出とか表現とか、言葉にできないくらい好きです。また実感しました。

    さなちゃんの文章でこんな御話が読みたい!ってただただ己の欲望に忠実にプロットを書いたんだけど、やっぱりこれでよかった。夏月とニーナは強くて素直で愛しいし、楠ファミリーは元気で仲良しで可愛い!夏祭り行きたくなったもんね!弟と妹を連れてね!

    夏月が予想以上にちゃんとお兄ちゃんやってて感動しました。そして不覚にもきゅんとしました。笑
    妹に突っ込まれる姿とか、なんだかんだ人のお世話しちゃうところとか、理想の兄貴そのもの!これからもがんばれ長男!
    ニーナも予想以上に儚くて細くて折れそうで抱き締めたくなりました。かわいい……って何度かリアルにつぶやきました。だけどやっぱりマイペースに無自覚に夏月を振り回す姿がいちばんかわいかった!

    最後はお父さんの姿や声も浮かんできて、炎天直下のキラキラの海面にニーナの光が重なって反射してこの上なく綺麗で、加えてふわっとニーナが笑うものだからなんだか胸がいっぱいになって涙が止まらなかった。感動作。これはすごい。


    私が書いたお話と同じ表現とか言葉とかちらほら発見して、まるでふたつの世界がリンクしてるみたいな、むしろさなちゃんと私の心がリンクしているのではみたいな、運命かなこれみたいな、運命だよね大好きだよみたいな気持ちにもなったよ。


    本当に素敵に仕上げてもらえました。やっぱり私はさなちゃんの文章が大好きなんだな。コラボありがとうございました!また!やろうね!!!(*°ω°*)

    颯希   2015/08/12 17:51