ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    English Class

    ○君がキョロキョロしているのを発見
    口パクで教科書のページを伝える私に気づいたが、伝わらない…
    指で1・2・5としてみる
    ○君は1度頷いて、教科書を広げる
    伝わったみたい!!
    その後、
    彼は後ろを見ずにGoodの手だけを見せてきた
    私は、
    安心と同時に顔が熱くなるのを感じた
    実は少し恥ずかしかった/////

    誰も知らない私だけのちょっとした
    幸せな時間

    例え、あなたにとっての些細なことでも
    私にとっては1日で1番嬉しかった事!

    あなたの行動に意味はありますか?
    特別な意味があったらいいのに…
    と願ってしまう私の気持ちを見透かして欲しい

    開く閉じる

    • 同級生
    • 教室

    いつからこうなっちゃったんだろう。

    自分の席に座り、少し首を横に向ける。
    視界に入ったのは、またあの子と楽しそうに話すキミ。

    私とキミは、学祭で仲良くなって、その日から沢山話すようになった。
    いつの間にか好きになっていて、キミに思わず伝えてしまったこの気持ち。
    キミは、笑って「俺もだよ」って言ってくれたね。
    でも、付き合わなかった。
    付き合った瞬間、終わる日が来るんじゃないかって怖くて。

    そうしていつからか、キミと話すことが減った。
    学祭の頃に私に沢山話しかけてくれたように、今度はあの子にその笑顔を向けているんだね。

    もうキミを忘れようと思う。
    苦しくて辛いこの毎日から早く逃げたくて。

    「茉奈」

    声がした方を見るとキミがいた。

    「泣きそうな顔してるよ。大丈夫?」

    ほら、忘れようとすると、キミが優しさを見せる。


    だから恋って苦しくて、悲しくて、辛い。
    神様は意地悪だ。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 寝言

    「むぅ……」



    びくぅううう!!


    「せ、先輩…?」




    「すぅー…すぅー…」


    びっくりした…


    隣で寝ている彼女、みゆ先輩が熱を出した



    「す、すごい汗…」


    先輩の前髪を分けようとおでこに
    手を近づけた瞬間……




    「えへへ…… かいくん、だぁーいすき」





    笑いながら俺の名前を呼ぶ先輩


    驚いて声をかけるも応答なし



    「寝言かよ……」




    いつもはツンツンな先輩が甘えを出すとき
    俺はおかしくなる



    「…先輩。俺は愛してる。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

愛って言葉に、気が付いたんだ (氷川マサト/著)

  • >伯龍さま

    お読みいただき、素敵なレビューとご感想も、ありがとうございます!

    まず、約束とか全然かまいませんよ(^^;
    謝らないでください。
    リアル優先で、僕の小説は暇があるときの気晴らし程度でいいんですよ。
    エンターテインメントというか、「ちょっとした楽しみ」としての小説を目指してるんで、いろいろ、そんなにお気になさらず。


    書きながら、すごい照れくさかったです(笑)
    ここまで正直に丁寧に恋愛心理の描写をすることもあまりないので。
    ドキドキしていただけてよかったです(^^)

    もしよかったら「長崎 夜景」を画像検索してみてください。
    2人が見た景色がどんな感じか、わかると思います。
    基本的に僕が書く話は、長崎をイメージした町が舞台になってます。
    地元の風景は、取材不要で書きやすいですね(笑)


    お忙しい中、お読みいただき、ありがとうございました!

    氷川マサト   2015/05/29 12:22

  • >伯龍さま

    テスト勉強、お疲れさまです!
    無理なさらず、でも息抜きはほどほどに(^^;
    高校時代、テスト週間ほど書きたくなったり読みたくなったりしてましたけどね。

    僕なんかよりも、伯龍さんの作風のほうが、ケータイ小説という場ではニーズがあると思いますよ。
    これ、本心なので。
    応援しています(^^)
    感想ノートを悪目立ちさせてしまったことは申し訳ないです。
    修正完了したら、関連コメントは削除してくださいね。

    余談なんですが、付き合い始めてからの楓の「キスの癖」、このシリーズのリクと同じなんです。
    後頭部を手のひらで支える、って描写がありましたよね。
    そういうキスの仕方、独占欲の強さを表してくれそうだから、リクにはちょうどいいかと思って使ってます。


    体調崩さないように、テスト勉強、頑張ってください!

    氷川マサト   2015/05/21 01:21

  • >♡shion♡さま

    大会を控えての刺激剤として読みに来ていただけるなんて、光栄です(^^)

    筋肉痛、つらいですよね。
    リクではないけど、師匠のモデルにしたダンサーさんは先日、
    「筋肉痛! まだまだ発達できてる証拠! 充実感!」
    みたいな内容をつぶやいておられました(^^;
    もっと勢いのある言葉で。
    少年ジャンプの典型的な主人公みたいな方です。
    痛いのに喜んでるポジティブさに脱帽……。

    リクもプロとして、社会人としての年数が長いですから。
    一般的な23歳よりはしっかりしてるだろうな、と思いつつ書きました。
    語彙としては、「ヤバい」を言わなくなってます(笑)

    大会、ベストを尽くせるように、体調に気を付けてください。
    お読みいただき、ありがとうございました!

    氷川マサト   2015/03/20 02:09

  • お久しぶりです(o^^o)

    月末にある大会の練習で、個人的にプラトー状態でリクから刺激を貰おうかと思って訪れたんですけど、新しい話が上がっててちょっと嬉しかったです(*^^*)

    リク、だいぶ落ち着きましたね!
    今までとは、違うリクとミユキで新鮮でした^ ^
    でも、2人らしさは変わってなくて良かったです( ´▽`)
    2人の気持ちがストンと入ってきて早く早く続きが読みたいってページをめくる手が止まりませんでしたσ^_^

    リクとミユキに元気貰ったので、頑張れそうです(o´罒`o)笑
    毎日、筋肉痛なのがちょっと辛いですけどσ^_^;
    リクは筋肉痛どうしてるんでしょうね?笑

    長々と失礼しました (´ฅ•ω•ฅ`)
    お体に気を付けて頑張ってください(*^^*)
    ありがとうございました(*^^*)

    ♡shion♡   2015/03/19 20:50

  • >ひらび久美さま

    ご感想ありがとうございます!
    動きの少ない話で、恋愛という心情・情景の描写をこれだけまじめにやったのは久しぶりです。
    ここに載せた表現は、10代前半の読者様は抵抗があるかもしれないな、と少し怖くもあるんですよね……。

    【逆プロポーズ】にぶっちゃけてるので書きますが、結婚式からの引っ越し(国外逃亡)で、何かとバタバタしてます(^^;

    ブログのほうも見ていただいて、ありがとうございます。
    リクが出世してくれたら嬉しいんですが、後は運任せですね。

    お読みいただき、ありがとうございました!

    氷川マサト   2015/03/16 22:25