ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「帰るぞ」

    そう言って私の教室のドアに立っているのは幼馴染の京介だ。

    「今準備してるから待って」
    「美羽はいつも遅いなあ」

    とか言いつつ京介はいつも待ってくれる、そんな京介が好き。

    「…つか美羽好きな人いんの?」
    「え?!」

    なんでそんなこと聞いてくるの?普段恋話なんて一切しないのに、まさか私が好きなことがバレた…とか?
    だとしたら、京介はなんて言うのかな

    「いるって言ったら…?」
    「まじ?ならいっか」
    「なにが?」
    「俺、今好きな人いるんだけどその子が俺と美羽の関係気にしてたからさ、美羽に好きな人がいるなら、あっちも安心かなって」
    「あー…なるほど…」

    もしかしたらって思ってる自分がいたことに恥ずかし過ぎて、泣きそうになった。

    「まあ、俺たちただの幼馴染だし、心配されるようなことねえよな〜」

    こんな想いをするくらいなら幼馴染なんかになりたくなかったよ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「先輩来てるよ!」


    その声に窓からグランドを見下ろせば
    幼なじみのアイツが居た


    『俺、お前の事大事にしたいから』


    そう言ったのはあんたでしょ?



    人の気持ちも知らないで
    今日も違う女の子連れて
    そうやってまたカッコイイ姿をみせ付ける



    "ワタシダケヲミテ"


    そう言えたらどんなに楽だったのだろう




    近すぎて遠いこの距離に溢れていた想いは
    もう枯れ果ててしまったのだろうか?



    それでもアイツの笑顔が大好きだ




    甘い甘い恋人たちの歌・・・
    イヤホンから聴こえるラブソングに嫉妬して
    慌てて音を消したんだ

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 食堂
    • 切ない【お題】

    「ごめん」
    この一言で私の恋は片付けられてしまった。

    私が好きだったのは、斜め前の席の凉くん。自習の時間は必ず話しかけてくれて、仲良くしてた。
    でも、凉くんに好きな人ができた。たぶん…。
    その子は、私と喋っていることにヤキモチをやいているらしい。

    さっきのごめんは、
    もう関わらないで、の意味のごめん、だよね?

    私だって好きなのに…。
    言いたいけど言えないことがどんなに苦しいか。

    「こっちこそごめん」
    本心じゃないことを口に出すって難しいな…

    翌日も話しかけれなかった。
    2人がいっしょにいたから。

    私がどんなに鈍臭いことしても、
    転んでも。大丈夫?って言ってくれる君が、手を差し出してくれる君が
    大好きでした。

    また、話せたらいいな。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

龍神様と帝に愛されて (藤堂リン/著)

  • はじめましてこんにちは。

    野いちごでファンタジー読んだの初めてでしたが、「キタァァァア!!」と叫びたくなるくらい面白かったです!
    転生モノは好きなジャンルなんですが、これは伏線の多さがすごい笑笑
    のに、ちゃんと回収されてて鮮やか!笑

    そしてラストは感動できました!
    その後のみんながまた集まってワイワイしてるところがみたいですね笑笑

    綺麗な話をありがとうございました!

    暁槻 黎   2018/05/25 18:43

  • 藤堂リン様。はじめまして。

    この作品、どんどん深くハマりこんでいってしまいました。最初はこういうファンタジー系の作品を探してただけだったのですが、自分の好きな感じ、どストライクなストーリーでした。

    色んな秘密、色んな人生、色んな悲劇が隠されていて、読んでいて本当に感動しました。ファンタジーだからこそ出せる独特の感動ではないかと思いました。

    藤堂リンさまの作品いろいろ読んでみたいなって思いました!こんなに素敵な作品に出会えてとても嬉しく思っております❁

    ❁*.麗華.*❁   2018/05/16 20:20

  • 夢幻キリコ様

    読んで頂き、本当にありがとうございました!
    誤字.誤文報告もしてくださり、とても助かりました(;_;)

    その場その場の思い付きで書いていたら、色々といい加減になってしまって…自分をぶっ飛ばしたいです←
    ピアノの場面、ピアノ弾く子なのに全く出てきてなくて、慌てて入れた記憶があります…。

    定めの神様、お名前も出なかったんですよね(笑)
    私の思い描く神様って、冷徹で、悲劇を笑うような歪んだ神様なんです^^;
    歪んだ経緯は別として。
    私も彼視点は、とても楽しく書いていました。

    こちらこそ、時間を割いてくださりありがとうございました。
    またお邪魔させて頂きますね✨

    藤堂リン   2016/07/23 15:05

  • 夢幻キリコ様

    読んで頂き、本当にありがとうございました!
    誤字.誤文報告もしてくださり、とても助かりました(;_;)

    その場その場の思い付きで書いていたら、色々といい加減になってしまって…自分をぶっ飛ばしたいです←
    ピアノの場面、ピアノ弾く子なのに全く出てきてなくて、慌てて入れた記憶があります…。

    定めの神様、お名前も出なかったんですよね(笑)
    私の思い描く神様って、冷徹で、悲劇を笑うような歪んだ神様なんです^^;
    歪んだ経緯は別として。
    私も彼視点は、とても楽しく書いていました。

    こちらこそ、時間を割いてくださりありがとうございました。
    またお邪魔させて頂きますね✨

    藤堂リン   2016/07/23 15:05

  • 銀華✡さん、初めまして!
    面白いと言ってくださりありがとうございます!

    ルアン派さんですか笑
    私としても、ルアンは辛い運命を辿ってきたので新しい物語では一番幸せになってほしい人物です。
    ライバルも増えて前途多難になりそうですが…笑

    ファンポチも本棚登録もしてくださるなんて…!
    嬉しすぎて飛んでいきそうです(ฅωฅ♡)//
    ほんとにほんとにありがとうございます!

    藤堂リン   2015/08/12 08:05