ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • クール男子2【お題】
    • 授業中
    • 教室

    机の中を焦りながら探す。

    「やばっ、教科書忘れちゃった。次の授業あと1分で始まるのに」

    いつも借りに行く相手は少し離れた教室。
    1分で借りて戻ってくることは到底不可能だ。
    私は諦めることにした。

    でも……

    私の席の隣は基本話しかけても無視するか一瞥しかくれない超絶クール男子、篠崎凛斗。
    色々考えているうちにチャイムが鳴って授業はスタート。

    「はいじゃあ教科書開いて…」

    どうしよう、怖い。
    私はノートとプリントを机の上に広げてなんとかバレないようにするのに必死だった。

    「おい」

    隣から確かに彼の声。

    「忘れたんだろ?教科書」
    「うん…」
    「ほら」

    そう言って彼は私の方に机を寄せる。
    信じられなかった。
    キョトンとしていると、

    「見せてやる代わりに、これから俺の言うこと聞いてもらおうか」
    「えっ 」
    「嘘に決まってる。早くこっち来い」

    彼はニヤリと不敵な笑みを浮かべた。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 嫉妬

    私は安藤彩華。この幼馴染の柊には、「さや」と呼ばれている。

    『今日ね』
    「うん」
    『なんと、この私が』
    「うん」
    『告白されました!!』
    「…は?」

    驚いてる驚いてる。当たり前だよね、私にモテる要素なんてないんだから。

    「…誰にだよ」
    『2組の浅野くん』
    「…あそ」

    聞いといて「あそ」って何よ!なんて思っていたら、

    「…付き合うの?」

    と、柊が聞いてきた。

    『どうしよっかなーって考えてるとこ!』
    「そいつのこと、好きなの?」
    『どうだろ、わかんないや』

    すると柊はいつもより真剣な表情になって、

    「さやは俺とそいつどっちが好き?」

    なんて聞くから、私は真っ赤になって

    『しゅ、柊…だよ?』

    と言うと、柊は

    「んだよそれ、反則すぎんだろ…」

    と私と同じく真っ赤な顔をして、私を抱きしめた。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 帰り道

    「ヒャッ…!犬!?」


    下校途中苦手な犬が近寄って来て、体が固まる。


    「……お前、何してんの?」


    「あっ…お願い助けて!」


    偶然通りかかったクラスメイトの男の子により、散歩から脱走中だった犬は無事飼い主の元に戻った。


    「いい年して犬位でビビってんじゃねぇよ。じゃあな」


    「待って!“ありがとう”だけじゃなくて、もっときちんとお礼させて!!」


    クラスでも寡黙な彼は学校外でもクールで、さっさと離れようとする所を慌てて呼び止めた。


    しかし振り向いた彼の眉間には、深いシワ。


    「いいよ別に。男が女を守るのは当然の事だろう」


    「えっ……」


    「どうしてもって言うなら、誰か困ってる人がいたらその人助けてやれ。そんじゃ今度こそサヨウナラ」


    スタスタと遠ざかる背中を、ポ~~ッと見送る。


    別の意味で女の子として守られたいと、ちょっぴり思い始めた瞬間だった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】ブルー・ブラック【黒魔法の契約者】 (◇美空◇/著)

一言、感想、待ってます♪
かいくれた方のところには訪問させていただきます(´▽`)ノ気軽に寄って下さいね。

  • 美空さんが書く作品はどれも面白いです!

    これからも応援しています。

    天沢夏蓮   2017/11/06 20:25

    赤崎永遠さま

    わぁ、ありがとうございます!
    舞い上がっちゃいます笑

    これからも応援よろしくお願いします!

    作者からの返信 2017/11/06 20:56

  • 楽しく読ませていただきました!!
    私は魔法学園ものが大好きだったので、即ファンになりましたー。
    これからも頑張ってください!

    pink。。   2017/03/30 16:16

    るぅ*ひまさま

    わたしも魔法学園もの大好きです!
    ありがとうございます!!
    応援していただけると元気がでます!!
    がんばります(^○^)

    次も魔法関係のものを制作しようと考えています。
    ぜひ、よかったら見てみてくださいね♪

    作者からの返信 2017/11/06 20:52

  • 結乃音さま*

    わぁ…!来て下さったんですね♪嬉しいです。
    はい、悲恋といえばそうなのですがただの悲恋にならないように努力しました(´▽`)

    感動もお届けできたようでよかったです♪
    これからもがんばります!

    私も結乃音さんを応援してます!!(^^)作品楽しみにしてますね♡

    ◇美空◇   2016/05/29 18:58

  • 実空さん!

    この作品すっごく良かったです。


    悲恋?と言うんでしょうか?


    悲しい恋で泣きそうになりました。


    すっごく感動したしもう、サイコーでした!


    これからも頑張ってください

    応援してます!!

    結乃音   2016/05/29 18:40

  • 氷月あや様

    初めまして。

    はい、私も魔法の学園って憧れてます。
    書きながら、こんな学園だったらいいなぁ、こんなのも設定にいれちゃえ、なんて色々と考えながら妄想が膨らみました。

    そうですね、瑠奈と和人の心がだんだん近付いていく様子は力を入れさせていただきました。
    2人が背負う隠された運命に抗いながら、それでも瑠奈と和人が互いを想っている。
    そんな風に考えながら書いていました。

    瑠奈と和人が絡んでいるところも書いていて楽しかったのですがやはり、ワクワクするのはバトルシーンですね笑

    瑠奈と和人の謎に司る魔法。2人のバトルシーンは心を躍らせました。


    私も銀髪凄く好きです!!
    そうですよね!銀髪って本当に魅力的で神秘的。特別な力が備わっていそうです。
    あやさんに共感します(//∇//)♪

    最後に、今回はこちらの本を最後まで読んでいただきありがとうございました。

    長文失礼致しました。

    ◇美空◇   2015/10/10 19:19