ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • ヤキモチ

    『エアラブ放送局です!本日は高等部入学式に突撃訪問です!美友先輩こんにちは!』
    『ええ?』

    中等部の後輩の出現に美友は驚いたがマイクを受け取った。

    『こんにちは。素敵な入学式でしたよ』
    『ありがとうございました。これでインタビューは終わりです』

    そんな後輩はじっと美友を見つめた。

    「なんか綺麗になってる」
    「そんな事ないよ」
    「髪も切ったし、スカートも短くて……」
    「どうしたの?」

    彼は美友の手をつかんで歩き出した。

    「許さない。僕を忘れるなんて」
    「忘れてないよ。ねえ、どうして怒っているの?」
    「……あのね。美友先輩。僕の事好き?」
    「好きだよ」
    「後輩としてじゃなく、男としてだよ!」
    「私は好きとかよくわからないの」

    すると彼は美友にギュと抱きついた。

    「僕はこれくらい好き!だから」
    「わかったわ。じゃ、一緒に帰ろう?」

    この2人を芹那は今日も呆れて見ていたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 後ろからギュッ

    私「よしっ、できた!」
    私の目の前には美味しそうなカップケーキ。
    名前は知らないけど、あのイケメンの先輩に渡すんだっ!
    「みゆき〜!カップケーキできた〜?」
    あ!幼馴染の和くん(ヨリ)だ!
    私「うん!できたよ〜」
    「うわ〜、ちょーうまそー!俺にチョーダイ♡」
    えっ!?
    私「私、渡したい人がいるからっ!」
    「…フーン…それって、あの名前も知らないセンパイのこと?」
    なんで知って…!
    和くんは私の腰に手を回して、後ろから抱きついてきた。
    「そんな奴より、俺のほうがみゆきのこと好きだと思うけどなー。」
    私「エッ////」
    「あはっ、みゆき顔まっかー♡」

    結局カップケーキは和くんにあげました////

    開く閉じる

    • 同級生
    • 卒業式の後

    「やだ!帰らない!」
    「なりません!帰りますよ!」
    私悠里は超がつくほどのお嬢様…今日は卒業式だった。好きになった晴人くん告白してないしあえてもない
    「帰りますよ!」
    彼は執事の綾鷹
    『ガラッ』
    「紗南柄!」
    「晴人くん!」
    「芹生院様こないでください!」
    私を担ぐ綾鷹、
    「降ろしなさい!」
    「…」
    『トン』
    綾鷹によって私は意識を失わされた。最後の日なのに…
    -晴人-
    「何してるんだ」
    「近づかないでください」
    「はぁ!?」
    「…不良のあなたとつるまれては困ります」
    「!…それでも俺はその子が好きなんだ…」
    「分かりました…お嬢様…」
    「んっ…何するの!綾鷹!」
    執事の彼にキスされる彼女、その起こし方は…
    「お嬢様、一言だけ申すことを許します。」
    「!」
    「早く」
    「晴人くん好き!付き合って!」
    「…!俺も好きだ!」
    「…」
    俺らは付き合うことになった…

    「俺だって好きだったのに…」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

光殺 -光ヲ殺ス蛍編- Ⅰ【大幅修正&加筆完了】 (Lu--Lu**/著)

  • Kuronoさん

    感想ありがとうございます!
    修正前から!ありがたい…(崇拝)
    蛍もそうですが、愛着がわきまくっていますのでついつい甘えさせてしまいます(笑)
    ラストが、修正後でもっと魅力的になるように描写頑張ります!(^_^)ノ

    はっ!ご指摘ありがとうございます!
    拝見して、早速確認してきました…。

    回答させていただきますね。
    まず、春ちゃんが見つかりそうになるシーン・教室でのシーンで所々のずれがあるとのことですね。

    確認したところ、
    【春ちゃんが見つかりそうになるシーン】
    P.118、121、122、123
    【教室でのシーン】
    P.192、193、194、196、197、198、199、201

    この上記のページが読みにくくしていた原因です。修正しましたので上記のページは消えていると思いますのでご確認ください。

    申し訳ございません…。修正した後の更新で消したはずのページが消えてなかったりすることがあるので、その影響かと思われます。更新後、もう二、三度確認を重ねていきますね。

    ご指摘いただいてありがとうございました!!
    うっかりさんなので、こんな風に指摘していただけるととても助かりますよ!(おこがましくないですよ!!)うっかりも程々にしないといけませんね苦笑

    今後も、宜しくお願いします!

    Lu--Lu**   2017/01/16 23:30

  • 修正前の『光殺』から読ませていただいてます。主人公とラストがとても大好きです!

    久しぶりに読み返そうと、ページをめくっているところなのですが、所々話のズレ的なものが感じられて、修正時の影響でしょうか?
    春ちゃんが、見つかりそうになるところや教室での話がこんがらがってしまって…。
    宜しければ、ページや話の繋がりをみていただけないでしょうか?
    おこがましくて、すみません。
    よろしくお願いします。

    Kurono   2017/01/13 18:35

  • ✿RED✿さん

    おおお!お久しぶりです!感想ありがとうございます~

    読まれましたか!受け入れてもらえるかドキドキだったのですが楽しんでいただいてるみたいで良かったです!安心だわ!

    わ~っ、もうREDさんも好きです(単純)!(笑)
    ありがとうございます!これで今日も元気に過ごせそうです(^-^)

    Lu--Lu**   2016/04/14 17:41

  • お久しぶりです!!

    修正&加筆後を読んでて1人で楽しんでます笑
    最後まで読んだことあるのに何回読んでもドキドキです笑

    ルルさんとこの作品大好きなんで、これからも頑
    張って下さい!応援してます!

    ✿RED✿   2016/04/06 08:58

  • シュリさん

    シュリさん!お久しぶりです!!
    あまり雑談しすぎると怒られちゃうんですが、読者さんと歩み寄りたいばかりに…だめな私☆

    ……(笑)

    じ、自重していきたいと思うのでご協力宜しくお願いします…!

    う~黒くなりましたか!!笑笑
    あっれーおっかしいなぁ(棒読みな確信犯)


    はい、その件ですね…!
    申し訳ありません!読みにくかったですよね…
    私も読み返してなんじゃこりゃと焦る焦る(笑)

    原因は、更新ボタンを押した際に、
    修正前と修正後のお話がミックスされてごっちゃごちゃになったんですね。直したつもりでしたが…
    ご指摘感謝致します!!

    ありがとうございます!これからも小説に割り振られる時間が私生活が忙しくて少なくなりそうなのですが…のんびり待っていただきたいです!

    ご協力宜しくお願いします!
    ご指摘、感想ありがとうございます!

    Lu--Lu**   2016/04/01 23:50