ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 告白

    「ねぇ、森咲。」

    私の隣の森咲 瑛太。
    瑛太とは、今年初めて同じクラスになったけど、隣の席ということも
    あり、かなり仲良くなった。

    「ん?なに。遥?」

    「ここ、これであってる?」

    「おー。合ってると思う。」

    「ありがと。」

    数学の教科書を時進めていると、
    隣でガサゴソする音が聞こえた。
    そのとき、隣からポイッと
    紙が投げられてきた。

    ゆっくり開くと、
    「俺、遥のこと好き。」

    「はぁっ?!」

    真っ赤になって立ち上がった
    私をみんなが見る。
    原因である森咲は、隣でクスクスと
    笑っていた。

    私は、ペコりと頭を下げ
    森咲に紙を送り付けた。

    「どうしてくれるの?
    変人だと思われた。」

    そして、もう一枚。
    「私の方が、好きだし。」

    森咲を見ると、目が合った。

    お互い、笑いあって
    そっと、手を握った。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 授業中
    • 教室

    机の中を焦りながら探す。

    「やばっ、教科書忘れちゃった。次の授業あと1分で始まるのに」

    いつも借りに行く相手は少し離れた教室。
    1分で借りて戻ってくることは到底不可能だ。
    私は諦めることにした。

    でも……

    私の席の隣は基本話しかけても無視するか一瞥しかくれない超絶クール男子、篠崎凛斗。
    色々考えているうちにチャイムが鳴って授業はスタート。

    「はいじゃあ教科書開いて…」

    どうしよう、怖い。
    私はノートとプリントを机の上に広げてなんとかバレないようにするのに必死だった。

    「おい」

    隣から確かに彼の声。

    「忘れたんだろ?教科書」
    「うん…」
    「ほら」

    そう言って彼は私の方に机を寄せる。
    信じられなかった。
    キョトンとしていると、

    「見せてやる代わりに、これから俺の言うこと聞いてもらおうか」
    「えっ 」
    「嘘に決まってる。早くこっち来い」

    彼はニヤリと不敵な笑みを浮かべた。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 嫉妬

    私は安藤彩華。この幼馴染の柊には、「さや」と呼ばれている。

    『今日ね』
    「うん」
    『なんと、この私が』
    「うん」
    『告白されました!!』
    「…は?」

    驚いてる驚いてる。当たり前だよね、私にモテる要素なんてないんだから。

    「…誰にだよ」
    『2組の浅野くん』
    「…あそ」

    聞いといて「あそ」って何よ!なんて思っていたら、

    「…付き合うの?」

    と、柊が聞いてきた。

    『どうしよっかなーって考えてるとこ!』
    「そいつのこと、好きなの?」
    『どうだろ、わかんないや』

    すると柊はいつもより真剣な表情になって、

    「さやは俺とそいつどっちが好き?」

    なんて聞くから、私は真っ赤になって

    『しゅ、柊…だよ?』

    と言うと、柊は

    「んだよそれ、反則すぎんだろ…」

    と私と同じく真っ赤な顔をして、私を抱きしめた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

光殺 -光ヲ殺ス蛍編- Ⅰ【大幅修正&加筆完了】 (Lu--Lu**/著)

  • Kuronoさん

    感想ありがとうございます!
    修正前から!ありがたい…(崇拝)
    蛍もそうですが、愛着がわきまくっていますのでついつい甘えさせてしまいます(笑)
    ラストが、修正後でもっと魅力的になるように描写頑張ります!(^_^)ノ

    はっ!ご指摘ありがとうございます!
    拝見して、早速確認してきました…。

    回答させていただきますね。
    まず、春ちゃんが見つかりそうになるシーン・教室でのシーンで所々のずれがあるとのことですね。

    確認したところ、
    【春ちゃんが見つかりそうになるシーン】
    P.118、121、122、123
    【教室でのシーン】
    P.192、193、194、196、197、198、199、201

    この上記のページが読みにくくしていた原因です。修正しましたので上記のページは消えていると思いますのでご確認ください。

    申し訳ございません…。修正した後の更新で消したはずのページが消えてなかったりすることがあるので、その影響かと思われます。更新後、もう二、三度確認を重ねていきますね。

    ご指摘いただいてありがとうございました!!
    うっかりさんなので、こんな風に指摘していただけるととても助かりますよ!(おこがましくないですよ!!)うっかりも程々にしないといけませんね苦笑

    今後も、宜しくお願いします!

    Lu--Lu**   2017/01/16 23:30

  • 修正前の『光殺』から読ませていただいてます。主人公とラストがとても大好きです!

    久しぶりに読み返そうと、ページをめくっているところなのですが、所々話のズレ的なものが感じられて、修正時の影響でしょうか?
    春ちゃんが、見つかりそうになるところや教室での話がこんがらがってしまって…。
    宜しければ、ページや話の繋がりをみていただけないでしょうか?
    おこがましくて、すみません。
    よろしくお願いします。

    Kurono   2017/01/13 18:35

  • ✿RED✿さん

    おおお!お久しぶりです!感想ありがとうございます~

    読まれましたか!受け入れてもらえるかドキドキだったのですが楽しんでいただいてるみたいで良かったです!安心だわ!

    わ~っ、もうREDさんも好きです(単純)!(笑)
    ありがとうございます!これで今日も元気に過ごせそうです(^-^)

    Lu--Lu**   2016/04/14 17:41

  • お久しぶりです!!

    修正&加筆後を読んでて1人で楽しんでます笑
    最後まで読んだことあるのに何回読んでもドキドキです笑

    ルルさんとこの作品大好きなんで、これからも頑
    張って下さい!応援してます!

    ✿RED✿   2016/04/06 08:58

  • シュリさん

    シュリさん!お久しぶりです!!
    あまり雑談しすぎると怒られちゃうんですが、読者さんと歩み寄りたいばかりに…だめな私☆

    ……(笑)

    じ、自重していきたいと思うのでご協力宜しくお願いします…!

    う~黒くなりましたか!!笑笑
    あっれーおっかしいなぁ(棒読みな確信犯)


    はい、その件ですね…!
    申し訳ありません!読みにくかったですよね…
    私も読み返してなんじゃこりゃと焦る焦る(笑)

    原因は、更新ボタンを押した際に、
    修正前と修正後のお話がミックスされてごっちゃごちゃになったんですね。直したつもりでしたが…
    ご指摘感謝致します!!

    ありがとうございます!これからも小説に割り振られる時間が私生活が忙しくて少なくなりそうなのですが…のんびり待っていただきたいです!

    ご協力宜しくお願いします!
    ご指摘、感想ありがとうございます!

    Lu--Lu**   2016/04/01 23:50