「………綺麗な部屋やなぁ……つー事は……敬助の長屋とはちゃうな………」





航太が発した『敬助』と言う人物は親友の一人である。





布団から出ようと体を動かした瞬間、ズキンッ!と頭痛が走った。




「い"っ!」




後頭部を両手で押さえて顔を歪(ゆが)めていると、襖がゆっくりと開けられ、藤堂が顔を覗かせた。





「あっ!気が付いた?」





意識を取り戻した航太に藤堂はゆっくりと近づいた。