用件が済んだ航太は山南と藤堂に一礼をして、玄関を出ようとした時だった……。




「いたぞーっ!?玄関の方へ回ったぜっ!?」




「逃がすかよっ!?待ちやがれっ!?」




「ん?なんや?」




突然屯所中に広まった二人の叫び声に、航太は何だろう?と思いながら玄関を出た。




すると同時に一人の侍が勢い任せに走って航太の目の前に飛び出して来た。



 

「「っ!!?」」





驚いたのも束の間、ゴンッ!?という物凄い鈍い音が玄関先で鳴り響いた。






正面衝突をした二人は、その場で倒れ込んだ。





ガバッ!とすぐに起き上がった航太だったが、余りの激痛に頭を押さえ込んだ。





「いっでぇぇぇぇぇっ!?」