ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年01月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 屋上
    • 告白

    私の幼なじみは表上クールなのに私にだけ甘えてくる。

    まぁ一応彼氏だし、す、好きだからいいんだけど。

    学校でやるのはやめてほしい。

    いまっだってそう、私の膝に頭をのせて勝手に膝枕をさせられている。

    やめてほしい理由はそれだけじゃない。

    そりゃ、彼氏だしとても綺麗な顔立ちをしてる彼にドキドキしないわけがない。

    そのため、私の心臓は崩壊寸前なのだ。


    私が彼の体を揺すると彼は

    「んー……」

    と、眠そうな目を擦りながら体を起こした。

    「おはよ」

    そう声をかけると彼はコクっと頷いて、

    私に抱きついてきた。

    「ちょっ、急になに!?」

    私が驚いて彼を引き離そうとすると彼は腕の力を強め、

    「充電させて…」

    と呟いた。

    そんな可愛い言葉で心臓は限界。

    でも気持ちよさそうにすりついてくる彼を拒めるはずもなく、私は諦めて彼を抱きしめ返した。

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 帰り道
    • 頭ぽんぽん

    「君に出会ってから日常が変わった」
    初めてあったと思ってたのにまさか小さい頃にあっていたなんて

    「俺のこと覚えてないのか?」

    「えっ」
    覚えてないのかって言われても初めて会ったんじゃ?

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 部活中
    • 体育館
    • 告白

    小さい頃からずっと好きだった
    お前を誰にも渡したくないんだ
    だかから試合にかったら俺と付き合って欲しい。
    返事は試合の後でいいから聞かせて欲しい。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

宣伝BBS

[自薦]新作始めました230

書き込むには会員登録およびログインが必要です。

▲